人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー
ウォーターサーバー研究室コラムのウォーターサーバーに関する記事の一覧です。

ウォーターサーバーの出水口が1つか複数か…、どっちを選べばいい?

ウォーターサーバーの出水口が1つか複数か…、どっちを選べばいい?
 安全でおいしい水が、いつでも飲めるウォーターサーバー。基本的な機能は、冷水や熱いお湯がすぐに出せることだが、最近では省エネモードや内部を自動的にクリーンにしてくれる機能なども搭載された機種が発表され、ユーザーの選択肢も増えてきた。デザイン面でも、形やカラーのバリエーションが広がっている。ところでウォーターサーバーといえば、水やお湯の出る出水口…
続きを読む

ありそうでなかった!? 自販機ドリンクに「おいしいお湯」が登場!

ありそうでなかった!? 自販機ドリンクに「おいしいお湯」が登場!
 ウォーターサーバーの便利な機能の代表的なものといえば「いつでも熱いお湯が出せる」ということだろう。お茶やコーヒーをいれるときに便利なのはもちろんだが、体を冷やしたくなく冷水が苦手な人にとっては、安全でおいしい水をそのまま温めたものを手間かけずに味わえるのはありがたいはず。そんな「お湯好き」の人の声にこたえて、ホットのミネラルウォーターをラインナッ…
続きを読む

浄水場の水から化学物質が検出!? 安全・安心な水の選び方とは…?

浄水場の水から化学物質が検出!? 安全・安心な水の選び方とは…?
 私たちが日常飲んでいる水は純度100%ではなく、微量のミネラルや炭酸ガスなどさまざまな物質が溶け込んでいる。人間の体に有益なミネラルを含んでいたりもするが、まれに地上の化学物質が地下水に影響を与えるケースがある。今回は、最近報じられたニュースから、地下水の安全について考えてみよう。 [cta_column_01] ◆浄水所の水か…
続きを読む

記録的な暖冬で雪不足に!? 飲料水や生活用水への影響は…?

記録的な暖冬で雪不足に!? 飲料水や生活用水への影響は…?
 2019~2020年にかけての冬季は、全国的に暖冬となった。全般的に気温が高かったため、北国の山あいでも雪の量が例年に比べて少ないところが多い。山に雪が降らないということは、春の雪解け水も少なくなるはず…。ということは、水不足になったりすることはないのだろうか? 今回は、気象や地質関係の資料などをもとに、その懸念について調べてみた。 […
続きを読む

ウォーターサーバーと相性バツグン! 注目の「濃縮タイプドリンク」

ウォーターサーバーと相性バツグン! 注目の「濃縮タイプドリンク」
 ウォーターサーバーの水の利用法として、お茶やコーヒーをいれるために使っている人も多いのではないだろうか。ウォーターサーバーは水そのものがおいしいだけでなく、いつでもすぐにお湯が出せるところも、その理由として大きいだろう。一方、手軽なお茶やコーヒーといえば粉末状のものを溶かすインスタントタイプやティーバッグなどが主流だったが、最近では液状の「濃縮…
続きを読む

年度末の決算目前のいま、日本の「水の収支」についても考えてみた

年度末の決算目前のいま、日本の「水の収支」についても考えてみた
「収支」という単語は、経理処理などの際に目にすることがあるが、実はお金に関してだけでなく何がしかの出入りがある場合にも使われる。そういう意味では、水にも収支があるという。これは水道料金の支払いのことではなく、私たちの生命や生活の根幹にかかわる重大な収支のことらしい。ではその、水の収支とは何なのか…? 統計上の数字などを見ながら、解き明かしていきたい。…
続きを読む

飲みきりサイズのミニマイボトルが流行中! そのヒットの秘密を探る

飲みきりサイズのミニマイボトルが流行中! そのヒットの秘密を探る
 外出先でも自分のお気に入りのドリンクを飲みたい人や、ペットボトルなど容器のごみを出したくない人がマイボトルを持ち歩くことは珍しくなくなってきた。一般的に人気が高いサイズは300~500ミリリットルの容量があるタイプだが、最近では120ミリリットルというちょっと小ぶりのサイズのボトルが流行しているという。そこで、小さめボトルの利点や人気の秘密はどこに…
続きを読む

【メーカーレポ】関西圏を中心に天然水の宅配を続けて15年、「ガロンウォーター」が支持される理由

【メーカーレポ】関西圏を中心に天然水の宅配を続けて15年、「ガロンウォーター」が支持される理由
 ウォーターサーバーメーカーは全国的に幅広く展開していたとしても、その一方で創業した地域にしっかり根付き強みを持っている会社もある。大阪に本社を置く「ガロンウォーターサービス」も、そうしたメーカーの一つだ。少数精鋭で15年間、おいしく安全な水を届け続けてきた背景について取材してみた。 ◆自らがおいしいと思った水への情熱  ガロンウォ…
続きを読む

半数以上が防災未対策!? 災害アンケートから考えるウォーターサーバーの活用法

半数以上が防災未対策!? 災害アンケートから考えるウォーターサーバーの活用法
 日本列島は火山や断層が各地にあるため地震が多いうえに、台風がちょうど直撃するコースに位置している。さらに山林が国土の7割ともいわれ、四方を海に囲まれているので、地理的・地形的に災害に見舞われる条件が整っているといっても過言ではないかもしれない。2019年は中でも、大きな台風がいくつも襲来したことが記憶に新しい。今回は、このほど発表された民間企業が行…
続きを読む

あのホンダが「ドライバーの健康を考えた水」を開発!? 怖い「かくれ脱水」の話

あのホンダが「ドライバーの健康を考えた水」を開発!? 怖い「かくれ脱水」の話
※画像は公式サイトから  飲料水を供給する会社というと、食品・飲料メーカーや、ウォーターサーバーのメーカーなどを思い浮かべる人がほとんどだろう。ところがこの度、なんと自動車メーカーである「本田技研工業(ホンダ)」が水を作ってしまった! いったいどんな水で、その狙いはどこにあるのかをレポートする。 [cta_column_01] …
続きを読む

マイボトルブームは女性が牽引!? 「水筒利用アンケート」でわかったその実態とは…

マイボトルブームは女性が牽引!? 「水筒利用アンケート」でわかったその実態とは…
 コンビニや自販機など、日本ではどこでも手軽にさまざまな飲みものが手に入る。しかし、市販品ではないお気に入りの水やお茶を出先でも飲みたいというニーズもあり、そうした人が使うのが水筒、最近でいうと「マイボトル」だ。先日、インターネット調査などを行う「マイボイスコム」が日常の水筒利用についてアンケートを行った。それを元に、どんな人がどのような理由で使っ…
続きを読む

ウォーターサーバーライフをより豊かに彩るメーカー純正オプションをチェック!

ウォーターサーバーライフをより豊かに彩るメーカー純正オプションをチェック!
 ウォーターサーバーの基本的な機能は、いつでも好きなときに熱いお湯や冷たい水を出せること。また最近のモデルでは、自動で内部をクリーンにしたり省エネモードがあったりと、より高機能になってきている。そんなウォーターサーバーをもっともっと便利に使いこなしたいという人のために、さまざまなオプションを用意しているメーカーもある。今回は、そうしたウォーターサーバ…
続きを読む

【フレシャスslat+cafe】日本初! 天然水ドリップコーヒーが飲めるウォーターサーバーがついに登場!!

日本初! 天然水ドリップコーヒーが飲めるウォーターサーバーがついに登場!!
 ウォーターサーバーに使われている水は、そのまま飲んでもおいしいものが選ばれている。水道水のように消毒用の塩素が入っていないためカルキ臭もなく、お茶や料理に使っても味や香りを邪魔しないという点で選ぶユーザーも少なくない。そうしたユーザーの中には「ウォーターサーバーから、おいしい水を使ったコーヒーが直接出てきてくれたら…」といった思いを抱いていた人…
続きを読む

冷水、常温水、熱湯…水やお湯の呼び方に合った正しい温度って?

冷水、常温水、熱湯…水やお湯の呼び方に合った正しい温度って?
 水は0度で氷になり、100度で気体となることは小学校の理科の授業で教わったはずだ。その間が液体の状態ということになるが、温度の違いで水にはいくつもの段階があり、それぞれ表現の仕方が異なる。そうした水の状態を表す名称に関しては、具体的な数値としての基準はあるのかなどについて、各種の資料をもとにいろいろリサーチしてみた。 [cta_column_…
続きを読む

ウォーターサーバーのお手入れ法──自分でキレイをキープする最新機能も!?

ウォーターサーバーのお手入れ法──自分でキレイをキープする最新機能も!?
 ウォーターサーバーに使われている水は、地下深くからくみあげた天然水を生成したり、高機能フィルターでろ過したりしているため、基本的にとても安全でクリーンだ。しかし、この水をいつでもクリーンなままおいしく味わうためには、サーバー本体も常に清潔である必要がある。最近では、サーバー内部を自動でキレイにする機能を搭載したモデルも増えてきた。そこで今回は、…
続きを読む

ウォーターサーバーの必須機能「チャイルドロック」を徹底研究!

ウォーターサーバーの必須機能「チャイルドロック」を徹底研究!
 ウォーターサーバーにおいてなんといっても便利なのは、使いたいときに、いつでも冷たい水や熱いお湯をすぐに出すことができることだ。しかし、不注意に熱湯をうっかり出してしまい、火傷を負ってしまう可能性もゼロではない。特に、小さな子どもがいたずらしたら大変だ。そこで今回は、改めてウォーターサーバーの「チャイルドロック」機能について整理してみたい。 …
続きを読む

ウォーターサーバーの水はどれくらいで飲み切るのが正解? 水の賞味期限問題に迫る

ウォーターサーバーの水はどれくらいで飲み切るのが正解? 水の賞味期限問題に迫る
 お茶やジュースといった市販の飲料は、成分が腐ったり酸化したりといったことが起こるため賞味期限が設定されている。一方、何も入っていない水=ミネラルウォーターの場合は腐りようがないように思えるが、同じように賞味期限があり、しかも商品ごとに異なるのをご存じだろうか? そこで今回は、ウォーターサーバーに使われる水が、どれくらい保存できるものなのかを調べ…
続きを読む

知る人ぞ知る名水の里──三重県の水にクローズアップ!

知る人ぞ知る名水の里──三重県の水にクローズアップ!
 日本は全国各所に、いい水の産地が点在している。環境省は47都道府県で「名水百選」を選定しているが、その中には有名なスポットもあれば、あまりメジャーではない場所もある。今回は、実は隠れた名水の産地である三重県について調べてみた。すると、三重の水道水の原水の多くが、地下水・地表水の別なく、いずれも名水であることが見えてきた。 [cta_colum…
続きを読む

【メーカーレポ】静岡のおいしい水を全国へ! 「うるのん」が選ばれる理由を徹底リサーチ

【メーカーレポ】静岡のおいしい水を全国へ! 「うるのん」が選ばれる理由を徹底リサーチ
「うるのん」は、静岡県発のウォーターサーバーだ。静岡県といえば、使用している水はもちろん富士山が生み出す天然水。今回は、水のおいしさでは定評のある同社のウォーターサーバーについて、徹底的にレポートしてみたい。 ◆さらりと飲みやすい富士山の水 「うるのん」が提供している水の特長やサービス、サーバーの機能などについて、株式会社TOKAIアク…
続きを読む

ウォーターサーバーは欲しいけど… 決断できない人たちのそれぞれの理由

ウォーターサーバーは欲しいけど… 決断できない人たちのそれぞれの理由
 好きな時に冷水も温水もすぐに使えて、クリーンでおいしい水がいつでも味わえるウォーターサーバー。興味はあるものの、それぞれの事情でなかなか契約の決断ができない人もいる。そこで今回は、ウォーターサーバーの導入に一歩踏み出せずにいる人たちのナマの声をレポートしてみよう。 [cta_column_01] ◆一人暮らしで水を受け取れない… …
続きを読む

ミネラルウォーターが高血圧の改善に有効!? 米大学での研究結果が発表!

ミネラルウォーターが高血圧の改善に有効!? 米大学での研究結果が発表!
  中高年になると、血圧の上昇に悩まされる人が増えてくる。この高血圧は多くの病気に関係することが知られているため、患者は治療薬を服用したり食事改善に努めたりして、血圧を基準値以内まで下げようという努力を行うことになる。そんな中、アメリカで「水を飲むことが血圧の低下に貢献する」という研究結果が発表された。果たしてそれはどういうことなのだろうか? …
続きを読む

【メーカーレポ】顧客満足度No.1を獲得「プレミアムウォーター」成長の背景を探る!

【メーカーレポ】顧客満足度No.1を獲得「プレミアムウォーター」成長の背景を探る!
 直近の3年間で、ユーザー数が約50万人増という「プレミアムウォーター」。その成長の理由はどこにあるのか? そして、最近のウォーターサーバーに求められるものやトレンド動向、業界やメーカーはそれにどう応えているのかなどについて詳しくレポートする。 ◆デザイン性の高いワンウェイ方式が市場をリード  メーカーと、業界の動向について語ってくれた…
続きを読む

【防災基礎知識】台風でも起きる断水被害──そんなときどうする?

【防災基礎知識】台風でも起きる断水被害──そんなときどうする?
 2019年9月8日深夜、本州の太平洋岸を襲った台風15号。東京電力の調べでは、神奈川県や千葉県を中心に最大93万軒以上が停電に見舞われたという。千葉県での停電や断水は9月13日現在でも復旧が遅れており、未だ深刻な状況が続いている。ライフラインの途絶は、生活に支障を来すばかりか、被災者の心理面にも大きな影を落とすことになる。ちょうど9月は防災月間。…
続きを読む

汚染はなぜ起きるのか…? 「河川水質ランキング」ワースト川の再生への取り組み

汚染はなぜ起きるのか…? 「河川水質ランキング」ワースト川の再生への取り組み
 水についてネットで調べると、検索ワードに「日本一キレイな川」とか「日本一の清流」といった候補が出てくることがある。観光目的の人もいれば、おいしい水を探して検索しているという人もいるだろう。さて、キレイさで上位に位置する川があれば、当然その逆もある。不名誉なことではあるが、水質ワースト河川はどこにあり、何が問題なのかを今回は調べてみた。 …
続きを読む

ベテランクライマーでもあわや…!? 覚えておきたい山と飲料水の基本ルール

ベテランクライマーでもあわや…!? 覚えておきたい山と飲料水の基本ルール
 体を動かすレジャーと水分補給は切っても切れない関係にある。中でも登山は自分で水を携帯しなければならない分、ハードでシビアなレジャーだ。では、山に登るときは飲み水をどれだけ、どのように持って行くのがいいのだろうか? 実際に日頃から本格的登山を楽しんでいる人の体験談も交え、登山と水について考えてみることにしよう。 [cta_colum…
続きを読む

【メーカーレポ】伊勢神宮に守られた日本一の清流からの恵み──「アクアセレクト」の水の秘密

【メーカーレポ】伊勢神宮に守られた日本一の清流からの恵み──「アクアセレクト」の水の秘密
「厳選された水」という意味を持つ、ウォーターサーバーブランド「アクアセレクト」。安全でおいしい水を提供し続けて、今年で15年になる。ほかのメーカーにはない、伊勢神宮にも近い三重県の山中の採水地から水をくみ上げているのが特色だ。「アクアセレクト」のウォーターサーバーと水は、果たして何が違うのか?──メーカーを訪ねてみた。 ◆伊勢神宮に守られ…
続きを読む

【メーカーレポ】足元ボトル設置型のパイオニア! 「コスモウォーター」のサーバーが秘めた驚きの機能の数々

【メーカーレポ】足元ボトル設置型のパイオニア! 「コスモウォーター」のサーバーが秘めた驚きの機能の数々
 ウォーターサーバーは本体の上に水のボトルを設置するイメージがあるが、最近では下部にボトルを入れるタイプも増えてきた。この「足元ボトル設置型ウォーターサーバー」を、2012年に日本で初めて自社開発したのが「コスモウォーター」。ボトルの交換が楽なことで人気を博している同社を訪ねてみた。 [cta_column_01] ◆ボトル交換を…
続きを読む

「日本宅配水&サーバー協会」に聞く<その1>──ウォーターサーバー業界最新事情

「日本宅配水&サーバー協会」に聞く<その1>──ウォーターサーバー業界最新事情
 ウォーターサーバー市場は、従来の水専業のメーカーだけでなく新規事業として参入する企業も増え、水質、価格、機能、デザイン…など、ユーザーの選択肢の幅は年々広がっている。成熟してきた感のあるウォーターサーバー業界だが、マーケットの動向や最新トピックについて、業界団体のトップに話を聞いた。 [cta_column_01] ◆水の配送コス…
続きを読む

水道水にトラブル発生! その原因と対処法、ウォーターサーバーの活用術を指南

水道水にトラブル発生! その原因と対処法、ウォーターサーバーの活用術を指南
 私たちが日常的に、一番触れ合う身近な水といえば水道水だろう。飲み水としてだけでなく、手洗い、洗濯、入浴など用途は多岐にわたる。まさに“ライフライン”といえるもので、何かトラブルがあった場合、生活全般に支障が出てくる可能性は非常に大きい。そこで今回は、水道水に起こりうるトラブルと、その際のバックアップについて考えてみたい。 [cta_col…
続きを読む

【メーカーレポ】富士山のおいしい水はどうやって作られる? 「ふじざくら命水」工場レポート

【メーカーレポ】富士山のおいしい水はどうやって作られる? 「ふじざくら命水」工場レポート
 ウォーターサーバーの水は、くみ上げたものをそのままパック詰めしているわけではない。安全に飲めるように様々な処理をされて、私たちの手元に届く。ではその水は、具体的にどのような工程を経ているのだろうか? 富士山の水とともに60年歩んできた、「ふじざくら命水」の工場に潜入した。 ◆フィルターでろ過し高温で加熱殺菌 「ふじざくら命水…
続きを読む

【メーカーレポ】富士山の水と60年向き合ってきた「ふじざくら命水」ヒストリー

【メーカーレポ】富士山の水と60年向き合ってきた「ふじざくら命水」ヒストリー
 ウォーターサーバーの水として人気が高い「富士山の水」。大自然に恵まれ水質がいいため、多くのメーカーが富士山周辺の水を採用している。「ふじざくら命水」もその一つ。しかし他と一線を画すのは、富士山の水と長年かかわってきた歴史に裏打ちされた、水自体の信頼性の高さだという。 ◆「命の水」誕生ストーリー 「ふじざくら命水」のサービスが開…
続きを読む

夏本番! ウォーターサーバーで自家製スポーツドリンクを楽しむための基礎知識

夏本番! ウォーターサーバーで自家製スポーツドリンクを楽しむための基礎知識
 ウォーターサーバーの水は各メーカーが厳選・管理し、そのまま飲んでも安全でおいしいものが提供されている。特に国内のウォーターサーバーは、軟水が多く水質にクセがあるわけでもないため、お茶や料理にも使っている人が多い。特にこれからの時期は、家庭で冷たい飲み物を作る機会も増えてくるだろう。そこで今回は、熱中症対策に欠かせないスポーツドリンクとウォータ…
続きを読む

ウォーターサーバーを使い始めて気づいた「食」に関するあんなコトやこんなコト

ウォーターサーバーを使い始めて気づいた「食」に関するあんなコトやこんなコト
 マイカーを購入したのでガソリンの価格を気にするようになったり、最新型の電子レンジに買い換えたのでいろんなレシピを試したくなったり…と、なにか新しいアイテムを手に入れたことで、視点や生活サイクルに変化が生じることはないだろうか。今回は、ウォーターサーバーを使うようになってからどんな変化があったのか、東京都内のユーザーに聞いてみた。 […
続きを読む

先シーズンは気温40度超えも! 山梨県の猛暑対策に学ぶこの夏の熱中症予防

先シーズンは気温40度超えも! 山梨県の猛暑対策に学ぶこの夏の熱中症予防
 例年よりは遅いというが、各地でやっと梅雨明けのニュースが聞かれるようになってきた。これからの季節、注意しなければならないことの一つが熱中症だ。そこで、全国的にも夏場の気温が高くなることで知られる甲府市がある山梨県では、どのような対策を呼びかけているのかを調べてみた。 [cta_column_01] ◆涼しげなイメージの山梨県だが… …
続きを読む

妻の告白パート2「ウォーターサーバーのおかげで夫への不満や心配が減りました」

妻の告白パート2「ウォーターサーバーのおかげで夫への不満や心配が減りました」
 以前、「水」が原因でなにかと夫婦バトルが勃発していた家庭の事情についてお届けしたが(ウォーターサーバーのおかげで夫へのイライラがなくなりました)、今回はその第2弾。ウォーターサーバーがきっかけで、夫への不満や心配事が解消されたという2人の主婦に話を聞いた。 [cta_column_01] ◆分別ができない夫にイライラ  30歳の…
続きを読む

ウォーターサーバーをやめちゃった人に朗報! 「それ、今なら全部解決してます」

ウォーターサーバーをやめちゃった人に朗報! 「それ、今なら全部解決してます」
 新規メーカーの参入や新型モデルの登場などにより、ここ数年でさらに活況を呈しているウォーターサーバー市場。しかし、過去にウォーターサーバーを使っていたものの、なんらかの不満があって解約してしまったユーザーも存在する。そこで今回は、やめた人たちは、どんな点が具体的に不満だったのか。そして、現在のウォーターサーバーはそれを解消するためにどう進化してい…
続きを読む

日本の企業やウォーターサーバーメーカーが取り組む「水育」を深掘りリサーチ!

日本の企業やウォーターサーバーメーカーが取り組む「水育」を深掘りリサーチ!
 食べ物について知識を深め、良質な食材を摂取して健康な体作りを目指すことを子どもたちに啓蒙する「食育」が家庭や学校で広まっているが、水について同様な活動を行う「水育」もここ最近注目されるようになってきた。この考え方は、国内だけでなく海外へも広げようという動きもある。そこで今回は、最新の水育事情を見ていきたい。 [cta_column_01]…
続きを読む

ウォーターサーバーの交換用水ボトルはどうやってストックしておくのが正解?

ウォーターサーバーの交換用水ボトルはどうやってストックしておくのが正解?
 ウォーターサーバーは、ボトルに入った水をサーバー本体に取り付けて使う。ボトルが空になってから次のボトルを注文したのでは、届くまで使用することができない。そのため使い切る前に交換用のボトルをある程度頼んでおくことになるわけだが、ここで問題になるのがストックしておくボトルの保管方法と置き場所だ。どのようにキープしておくのがベストなのかを、今回はいろいろ…
続きを読む

お気に入りキャラで気分もアガる! ウォーターサーバーのキャラクターコラボモデルを狙え!!

お気に入りキャラで気分もアガる! ウォーターサーバーのキャラクターコラボモデルを狙え!!
 ウォーターサーバー本体をイメージするとき、白く細長いフラットな直方体を思い浮かべる人は多いのではないだろうか。実際、冷蔵庫などの“白物家電”と並べても違和感のない、このような形状のサーバーは多い。でももし、ここに大好きなキャラクターの絵が描かれていたら…? 今回は、キャラクターとコラボしたウォーターサーバーについて調べてみた。 ◆人気キ…
続きを読む

ウォーターサーバーの水としても使われる地下水が「枯れる日はくるのか?」問題を検証

ウォーターサーバーの水としても使われる地下水が「枯れる日はくるのか?」問題を検証
 日本は、蛇口をひねるとそのまま飲んだり顔を洗ったりできるほど上水道が整備された国のひとつだ。古くは中世以前から水道を引いてきた歴史もある。飲用、料理、洗濯、風呂…と毎日気兼ねなく水を使うことができるのは、実は幸せなことと言えるのかもしれない。ちなみにウォーターサーバーの水は、山奥などのクリーンな環境にある地下深くから採取されているケースが多い。…
続きを読む

最新水事件簿──水の安全性とウォーターサーバーについて考える

最新水事件簿──水の安全性とウォーターサーバーについて考える
 家庭で日常使う水は、水道水でまかなっているという人がほとんどだろう。上水道を流れてきた水は、支流となる水道管で各家庭に運ばれる。一戸建て住宅ではそのまま引き込む形になるが、マンションの場合、多くは一度「受水槽」というタンクに溜められてから各住居に分配される。最近この受水槽に関係した事件が世間を騒がしていることから、今回は水の安全管理について考えて…
続きを読む

ワンウェイ or リターナブル──ライフスタイルで選ぶウォーターサーバーの水ボトルタイプ

ワンウェイ or リターナブル──ライフスタイルで選ぶウォーターサーバーの水ボトルタイプ
 ウォーターサーバーを導入する際、どのメーカーのどのモデルにするか、水の質、サーバーの機能、デザイン、料金、サービス…など、検討すべき項目はいろいろある。そのときに、「水ボトルのタイプ」についても注意しておきたい。交換用の水ボトルをどう保管するか、そして空になったらどう処分するのかは、思っている以上に重要な問題だ。そこで今回は、東京都内でウォーターサ…
続きを読む

結婚、開業、転居… 「私の新生活のスタートはウォーターサーバーとともに!」

結婚、開業、転居… 「私の新生活のスタートはウォーターサーバーとともに!」
 おいしくて安全な水が、いつでも好きなだけ飲めるウォーターサーバー。実際、その点をいちばんのメリットと感じて導入する人は多いようだ。そして、思い立ったらすぐ契約!ということもあるだろうが、何らかの変化を機に導入にいたるケースのほうが多いのではないだろうか。今回は首都圏在住の最近ウォーターサーバーを使い始めたユーザーに、どんな生活の変わり目がきっかけと…
続きを読む

猛暑対策の注目トレンド「ミスト」はお気に入りのウォーターサーバーの水で!

猛暑対策の注目トレンド「ミスト」はお気に入りのウォーターサーバーの水で!
 夏が近づき、一時的にとはいえすでに気温が30度を超えた地域もあった今シーズン。ここ数年、猛暑による熱中症への警戒が呼びかけられているが、今年も事前の対策がそろそろ必要といえるだろう。実際、さまざまな暑さ対策グッズが店頭に並ぶようになってきたが、水を利用したユニークなメカニズムの製品に今回は注目してみたい。 [cta_colum…
続きを読む

万が一の転倒防止に備えて… ウォーターサーバーはどう置くのが正解?

万が一の転倒防止に備えて… ウォーターサーバーはどう置くのが正解?
 安全・安心でおいしい水がいつでも飲めるウォーターサーバーだが、サーバー本体にもさまざまな安全対策が施されている。その代表的な例が、子どもが誤って熱い湯を出して火傷をするのを防止するチャイルドロック機能だろう。それ以外にも日々安心して使うための工夫はいくつも備えているが、ユーザー側で気をつけなければならない点の1つが「置き方」だろう。そこ…
続きを読む

環境汚染問題から考える水の安全性とウォーターサーバーの関係とは?

環境汚染問題から考える水の安全性とウォーターサーバーの関係とは?
 環境問題は山や川、海、大気など個別に考えるものではなく、地球全体を視野に入れトータルで取り組むべきテーマだ。環境についてそうした広い視点を持ってもらうために、2019年6月8日、ユニークなイベントが東京都港区の東京タワーで開催された。その名も「コスプレde海ごみゼロ大作戦!in東京タワー」(主催「コスプレ海ごみゼロ実行委員会」、「日本財団」…
続きを読む

クリーンで安全・安心な水はどうやってできているか?──について調べてみた

クリーンで安全・安心な水はどうやってできているか?──について調べてみた
 ウォーターサーバーの水でもペットボトル入りのミネラルウォーターでも水道水でも、安心して飲める理由の一つに「浄水」がある。特に日本は、世界の中でも水に対する基準は厳しく、それに対応した技術も発達している。梅雨を迎え食品が腐敗しやすい季節になってきたが、ここで飲料水がどのように浄化されているかについて詳しく調べてみた。 [cta_colu…
続きを読む

熱中症予防に、注目グルメに… ウォーターサーバー、盛夏の活用アイデア

熱中症予防に、注目グルメに… ウォーターサーバー、盛夏の活用アイデア
 日本各地から梅雨入りのニュースが届いているが、すでに最高気温が30度を超える地域も出てきている今シーズン。毎年夏場、注意が呼びかけられている熱中症についても、今から対策を考えておいた方がいいのは間違いない。手軽でスピーディーな水分補給にはウォーターサーバーが役立ちそうだが、ユーザーは気温が上昇するこれからの時期、実際どんなふうに使っている…
続きを読む

妻の告白「ウォーターサーバーのおかげで夫へのイライラがなくなりました」

妻の告白「ウォーターサーバーのおかげで夫へのイライラがなくなりました」
 若い夫婦の家庭でも近年、ウォーターサーバーの需要は高まっているようだ。そんな中今回は、「水」が原因でなにかと夫婦バトルが勃発していたという家庭の事情をレポート。ウォーターサーバーがきっかけで、夫への不満が解消されたという2人の主婦に話を聞いた。 [cta_column_01] ◆夫がいつもペットボトルを飲みっぱなし!  26歳の…
続きを読む

「水道週間」に改めて考える日本の水道のスゴさとウォーターサーバーの関係性

「水道週間」に改めて考える日本の水道のスゴさとウォーターサーバーの関係性
 日本は先進国の中でも、水道水が安全に飲める国としてトップクラスのインフラを誇っている。その背景として、数百年前から町に水道を引いてきた歴史や、国民の衛生観念が高い点などがあげられるだろう。そうした水への意識を高めるため、国では毎年6月1日~7日を「水道週間」としている。この機会に、改めて私たちの日常の飲料水について考えてみたい。 [cta…
続きを読む