ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

飲むだけじゃない!「ウォーターサーバーの水、こんなことに使ってます」実例


飲むだけじゃない!「ウォーターサーバーの水、こんなことに使ってます」実例

 ウォーターサーバーのおいしい水は、そのまま飲んだりお茶をいれたり、料理に使ったりといった利用法がほとんどだろう。しかし、実はそれ以外の使い方をしている人もいる。安全・安心でクリーンな水だからこそできる水の活用法を、ウォーターサーバーユーザーから聞いた。

◆スキンケアに愛用

 東京都内の会社に勤める27歳の小沢淳子さん(仮名)の家庭では、1年ほど前からウォーターサーバーを設置している。当然、毎日の飲み水として利用しているという。

「会社に行くときもマイボトルに入れて持っていくのですが、あるときふと思いついたことがありました。『この水“肌用”に使えないかな?』って。私は昔から乾燥肌で、わりとすぐカサカサになってしまうんです。保湿クリームなんかも使っていますが、勤務先のオフィスがすごく乾燥しているので、肌がけっこうダメージを受けているんです」

 小沢さんは市販されている肌用の水のスプレーボトルを持ち歩いていたが、成分がほぼ水ならウォーターサーバーの水でもいいのではないかと考えた。そこで100円均一ショップで、スプレーのノズルがついた小ぶりなボトルを買って、試してみることにしたそうだ。

「持ち歩きやすい、200ミリリットル入りくらいのボトルにしました。そこに朝、家を出る前にウォーターサーバーから水を入れて出かけるんです。うちで使っているウォーターサーバーの水はミネラル分が非常に少ない軟水ですから、肌や髪への影響は特にないだろうと思いました

 実際にウォーターサーバーの水を肌にスプレーしてみた小沢さん。まったく問題はなく、市販のスプレー同様に肌への水分補給ができたように感じたという。それ以来、毎日持ち歩き、肌が乾いたと感じたときにシュッとひと吹きしているとのこと。

スプレーボトルに入れて肌の水分補給水に

スプレーボトルに入れて肌の水分補給水に

「市販の肌用の水は、香料やその他の成分も入っているからそれなりに良いものだと思うのですが、いまではウォーターサーバーの水をスキンケアに常用するようになりました。いつも飲んでいる水と同じという安心感もあると思いますが、一番は“手軽でお得”ということかもしれません(笑い)」

◆敏感肌対策として

 40歳の松本理恵さん(仮名)は、お子さんに安全な水を飲ませたいと、2年前からウォーターサーバーを利用している。飲み水や料理用以外に使い始めたのは、数か月前から。

洗顔に使っているんです。といっても毎日ではなく、顔の肌の調子が悪いときにです。昨年くらいから顔を洗っているときに、ピリピリした感じがするようになってきました。最初は洗顔料や石けんの問題と思っていたのですが、なにかおかしいと思い皮膚科に行ったら『敏感肌になっている』と、言われたんです」

 松本さんはそれまで、肌が弱いと感じたことはなかったのだが、医師によると年齢とともに敏感肌になる人もいるとのことだった。明確な原因はわからずじまいだったが、松本さんは「水道水がいけないのかもしれない」と思い、ウォーターサーバーの水で顔を洗ってみたという。

水道水ではピリピリしていたのに、ウォーターサーバーの水ではならなかったんです。素人考えですが、自分には塩素が入っていない天然水のほうがいいのかなと思いました。敏感肌は毎日起こるわけではないので、肌の調子が悪い日だけウォーターサーバーの水で洗顔するようにしています」

 カルキ抜きの機能がついたシャワーなどの購入も考えたというが、今のところ「ウォーターサーバー水洗顔」で事足りているので、松本さんは当面この方法を実践することにしているそうだ。

ウォーターサーバーの水を洗顔に使う人も

ウォーターサーバーの水を洗顔に使う人も

◆癒し効果のセラピー用に

 神奈川県に住む30歳の会社員、紺野里美さん(仮名)もウォーターサーバーの水を飲用以外に利用している一人だ。

「私の場合は数年前から愛用している“フラワーレメディ”の濃度を調整するために使っているんです」

 フラワーレメディとは花のエキスから作られた液で、癒し効果を得ることのできるセルフセラピーアイテムとしてドラッグストアや雑貨店などで、小ビンに入ったものが売られている。効果やメカニズムについては、まだよくわかっていない部分もあるが、女性を中心に熱心なファンがいる。

「フラワーレメディは、水やお茶にちょっと垂らして飲むことが多いのですが、私にとって“おまじない”みたいな部分もあるので、手や顔につけたり、飲んだりといろいろな使い方をしています。以前は水道水で作っていたのですが、塩素のカルキ臭が気になっていました。そこで、オフィスにあったウォーターサーバーの水を使ってみたのです」

 紺野さんが勤めている会社では、従業員用にウォーターサーバーを導入している。いつでも誰でも飲んでいいものなので、紺野さんはフラワーレメディとマイボトルを持参し、毎朝会社でウォーターサーバーの水を入れ原液を垂らして、フラワーレメディの水を作るようになった。

やっぱり水道水とは味がまったく違いますね。いまは会社のウォーターサーバーを使わせてもらっていますが、自宅でも作れるように、いずれは家にもサーバーを置きたいと考えています」

 * * *

 おいしいだけでなく、安全、クリーンというウォーターサーバーの水。その特長を活かした様々な使い方をする人が出てくるのは、自然な流れかもしれない。自分なりの「水の活用法」を見つけてみるのも、ウォーターサーバーの楽しみ方の一つだろう。