人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーユーザーのホンネ調査「私が乗り替えを決意した理由」

ウォーターサーバーユーザーのホンネ調査「私が乗り替えを決意した理由」

 最初に出合ったウォーターサーバーを気に入って、長年愛用する人は少なくない。しかし、あるとき別のウォーターサーバーに乗り替えてしまう人もいる。そこにはどんな事情があったのだろうか? 今回は首都圏在住でウォーターサーバーの乗り替えを経験した人に、その動機や経緯を聞いてみた。

コスモウォーター

◆ボトルの設置位置を考慮して…

 60歳の福永怜子さん(仮名)は、5年以上前からウォーターサーバーを使っている。

「近所のスーパーでウォーターサーバーの実演を行っていて、便利だし水もおいしかったので、わが家でも導入することにしたんです。夫も気に入ってくれて、毎日必ず飲んでいましたね」

 お茶をいれることに使うこともあれば、料理にも利用したことがあるという。交換用ボトルはいっときも切らしたことはないそうだ。そこまで愛用していたウォーターサーバーだが、1年ほど前、福永さんは乗り替えを考えた。

「ずっと使ってきたウォーターサーバーは、水のボトルをサーバー本体の上に載せるタイプでした。でも、あるときボトルを持ち上げようと思ったら、けっこう苦労したことがあったんです。腰を痛めたりしたわけではないんですが、これから年を取っていくことを考えたら、ボトルを足元に収納できるタイプのほうが楽ではないかと思いました

 ボトルの交換方法以外は何の不満もなかったが、福永さんは乗り替えを決意した。

「ネットの広告で見覚えがあった、ボトルを本体下部に入れる『コスモウォーター』にすることにしました。もちろん、ボトルの収納法だけでなく、料金やどこのどんな水を使っているのかといった条件も詳しく調べました」

 一般的なウォーターサーバーはボトルを上部に設置して、水が流れ落ちてくる形式だ。「コスモウォーター」は、下部のドアを開けてそこに収納する。「コスモウォーター」の場合だとボトル容量は12リットル。単純計算で12キロの重さで、これを持ち上げないでいいような構造になっているのだ。

 福永さんは長年使ったサーバーを解約するときに、少し寂しい気もしたそうだが、これからは「コスモウォーター」と長い付き合いになるかもしれないと感じている。

 

 

腰に負担をかけたくない人などはボトルを下に設置するタイプも選べる

腰に負担をかけたくない人などはボトルを下に設置するタイプも選べる

◆水にこだわった結果…

 36歳の宮本香織さん(仮名)は、3年前からウォーターサーバーを使ってきた。最初の動機は、勤務先に置いてあったのを見て、便利そうだと思ったからだそうだ。

「ウォーターサーバーにそれほど多くの種類があるとは思わなかったので、会社にあったのと同じメーカーのものにしました。機能もデザインも特に問題ないので、それを使い続けてきたんです」

 半年ほど前、宮本さんは友人と話している中で、ウォーターサーバーの話題になった。お互いどんなものをどんな風に使っているかなど、ユーザー同士盛り上がったという。

「友人は『アルピナウォーター』を使っているんですが、使われている水について話を聞きました。彼女は水について非常によく勉強していて、ためになりました。そこで私が印象に残ったのは、『アルピナウォーターは、工場や民家とはとても離れた場所の天然水を、目の小さなフィルターでろ過している』という点でした」

 ウォーターサーバーメーカーは、基本的に汚染されていない清潔な環境の天然水を使っている。「アルピナウォーター」の場合は、それをさらにRO膜という100万分の1ミリレベルの超高性能フィルターで、不純物を徹底的に取り除いているのだ。このフィルターでは、一部の放射性物質まで除去できる。

徹底してクリーンな水にしようという姿勢に、ちょっと感動したんですね。そこで私も友人と同じく『アルピナウォーター』を使ってみようと思い、乗り替えました

 水の味などの違いはよくわからないという宮本さんだが、クリーンな水を飲んでいるという満足度は高いとのこと。

 

 

◆富士山ブランドが気に入って…

 41歳の村瀬明人さん(仮名)がウォーターサーバーを導入したのは2年ほど前。家電量販店で見かけ、そのまま契約したという。

「私と妻で一緒にウォーターサーバーを見ていて、説明員の方の話もわかりやすかったので、試しに使ってみようということになったんです。使い始めたら便利なので、お試し期間が過ぎても継続しました」

 村瀬さんは毎晩ジョギングに出かけるので、帰宅してからの冷水がとてもおいしかったとのこと。奥さんともども気に入って使用していたが、1年ほど使ったころ、乗り替えを考えるきっかけがあった。

富士山麓の名水はウォーターサーバーでも人気が高い

富士山麓の名水はウォーターサーバーでも人気が高い

「テレビで富士山についての特集番組を見ていたんです。付近の川や神社のわき水などが名水として知られているという話もしていました。富士山の名水についてネットで検索をしたところ、ウォーターサーバーの水としても売られていることを知りました。わが家で使っていたサーバーの水は富士山麓が産地ではなかったため、1年使ったことだし変更してみようかということになりました

 村瀬さんは、富士山周辺に採水地を持つ「マーキュロップ」に乗り替えた。

「富士山ブランドにつられたわけですが(笑い)、こちらの水もとても気に入っています」

 

 

 * * *

 現在ウォーターサーバーは、機能やデザイン面、水質など、ユーザーが好みのものを自由に選べるほど種類が豊富になってきている。しばらく使っていて新たな要望が出てきたら、それに合う新たな1台を探してみてはどうだろうか。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!