ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーの選び方実例「うちの場合、ココとココにこだわって選びました!」

ウォーターサーバーの選び方実例「うちの場合、ココとココにこだわって選びました!」

 ウォーターサーバーは一見、どれも同じように見えるが、水の種類、機能、使い勝手などそれぞれに違いがある。同じメーカーであっても仕様が異なることも少なくない。ウォーターサーバーを選ぶとき、突出した一つのポイントを重視する方法もあるが、いくつかの要素を考慮して複合的に検討するのもオススメだ。今回は、「ココとココにこだわって決めた!」という複数の観点で選んだ実例を、東京都内のウォーターサーバーユーザーに語ってもらう。

◆クリーンな水+捨てやすいボトル

 37歳の高野明美さん(仮名)は、1年前にウォーターサーバーを家庭に導入した。ショッピングモールでの店頭デモを見て、欲しいと思ったそうだ。

「試飲した水がおいしかったし、ウォーターサーバーがあれば何かと便利だろうと感じました。その場で契約してもよかったのですが、一度家に戻って冷静に検討することにしました。ネットで調べると、ウォーターサーバーには想像以上にいろいろなメーカーや種類があることもわかりました」

 そこで高野さんは、自分の家庭に一番適したタイプを探すことにしたという。各メーカーの公式サイトや情報サイトなどでデータを集めた。

「散らばっている情報をあちこち散発的に見ていくのでは、なかなか決まらないことに気がつきました。そこでメモ帳に、自分が欲しいと思うタイプについて書き出し、それに合ったウォーターサーバーを探すことにしました。私が重視したのは『クリーンさ』と、『ボトルのわずらわしさがないこと』です

 高野さんのお宅には小学生のお子さんがいるため、安全で体にいい水というのは最低限の条件だった。また、賃貸マンション住まいのため、水のストックや空のボトルを置く場所の問題があった。

「そうして選んだのは『アルピナ8』でした。私は水に詳しいわけではありませんが、説明を読んだところ、キレイな地下水からさらに不純物を取り除いた水である点が気に入りました。そしてボトルは使い捨てなので、使ったらすぐ処分できることが、私の希望に適っていました

「アルピナ8」の水は北アルプス山系の天然水から、不純物や菌を非常に微細なフィルターでろ過した純水に近い水だ。高野さんはこうアドバイスする。

「選択に迷ったら、自分が求める条件を書き出してみるとスムーズに絞り込めますよ!」

 

 

家の広さ、間取り、デザインもウォーターサーバー選びの条件には重要

家の広さ、間取り、デザインもウォーターサーバー選びの条件には重要

◆デザイン性+天然水

 島崎健郎さん(仮名)は、43歳でデザイン関係の会社を経営している。オフィスには3人のスタッフがいる。

「ウォーターサーバーを使おうと思ったのは、うちのスタッフたちのためです。仕事中に手軽に水が飲めることはもちろんですが、来客の際にウォーターサーバーがあればサッとお茶やコーヒーを出せますから、彼らの負担が減ります。一種の福利厚生ですね(笑い)」

 ウォーターサーバーは冷たい水や、お茶などをいれるのに適した温度のお湯がすぐに出せる。電気ポットよりも便利だろうと島崎さんは考えたそうだ。

「ただ導入にあたり、こだわりたいポイントがありました。というのも、うちはデザイン事務所ということもあり、室内やインテリアは統一感のある構成にしています。床も書棚も木目調で、来客用テーブルは自然木から切り出した形を活かしたものです。白物家電のようなウォーターサーバーを置いたら浮いてしまいそうなので、オフィスでも違和感のないサーバーにしたいと思ったわけです」

 それと、エコなイメージがいいと思い、島崎さんは天然水という条件を付加した。そうして最終的に決めたのは「プレミアムウォーター」だった。

「『プレミアムウォーター』には、本体の形やカラーのバリエーションがいくつもあったので、デザインタイプのウォーターサーバーにしました。富士山の天然水という点も気に入りましたね。ボトルは使い捨てのワンウェイ方式であることも、スタッフに負担をかけないだろうと思いました」

 使い始めて2年近くになるというが、ウォーターサーバーはオフィスの中でしっくり納まっているとのことだ。

 

 

ウォーターサーバーでは各地の天然水が選べる

ウォーターサーバーでは各地の天然水が選べる

◆天然水+コンパクト

 33歳の中井里香子さん(仮名)は半年前、友人の影響でウォーターサーバーを使ってみようと思い立った。

「友人がスマートに使いこなしているのを見て、便利そうだなと感じていたんです。私は家でも外でもけっこう水を飲むので、いちいちペットボトルの水を買うより経済的かもしれないとも思いました」

 友人の家の水がおいしかったので聞いてみると、天然水を使用しているウォーターサーバーだったそうだ。中井さんは同じものにしようと思ったが、思いとどまった。

家のスペース的な問題ですね。そこで“天然水+コンパクト”という絞り込み条件を設定して考えることにしたんです。ネットで情報を集めた結果、『うるのん』を選ぶことにしました」

「うるのん」で使われている水は富士山麓から採取した天然水。そして卓上型サーバーが用意されていることが、中井さんの希望に合致した。

メンテナンス無料というのも気に入った理由の一つです。使い始めて数か月ですが、毎日おいしい水を楽しんでいます」

 

 

 * * *

 ウォーターサーバーを導入したはいいが、実際に置いてみたら何となく違う感じがする…といったことを避けるためには、事前に自分のニーズや住環境に合っているか検証することが大切だ。複数の条件を考慮するのも、長く愛用できる1台を見つけるコツかもしれない。

 

 

当サイトオススメNo.1のコスモウォーター!