ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーはワンウェイとリターナブルどちらを選ぶ?


ウォーターサーバーはワンウェイとリターナブルどちらを選ぶ?

 ウォーターサーバーは、水のボトルをサーバーにセットして冷水や温水を出すようになっている。その水は専用のボトルやパッケージに詰められて家庭に届けられるわけだが、ボトルには使い終えたら捨てられる「ワンウェイ方式」と、業者が回収してリサイクルする「リターナブル方式」の2種類がある。どちらにも長所があるため、ユーザーは好みの方式を選択できる。今回は、現在、家庭でウォーターサーバーを使っている人たちに、それぞれの方式をなぜ選んだのかリアルな声を拾ってみた。

◆リターナブル派

 増田千恵子さん(仮名)は、48歳の主婦。ご主人と3人のお子さんの5人家族で一戸建てに住んでいる。ウォーターサーバーは3年前から使っている。

「私自身は水への意識はそれほど高くはなかったんですが、友人の影響で水に関心を持つようになりました。家族には安全でおいしい水を飲ませてあげたいと考えて、ウォーターサーバーを導入しようと決めたんです」

 しかし、ウォーターサーバーについてまるで知識がなかったという増田さん。どの会社のどのタイプを選んだらいいのか、途方に暮れてしまったという。そこで友人からアドバイスを受けながら、ライフスタイルに合ったものを絞り込んでいった。

「ウォーターサーバーの機能やデザイン、水の硬度とかボトルの大きさとか多くの種類があるので目移りしてしまいました。最終的に3つのウォーターサーバーが候補として残りました。おそらくどれを選んでも問題はなかったんでしょうけど、家族とも相談した結果『アクアクララ』を我が家に置こうということになりました」

 増田さんの決定を後押しした理由の一つが、「アクアクララ」のボトルがリターナブル方式だったからだ。

リターナブル方式のボトルは洗浄・検品が行われてリサイクルされる

リターナブル方式のボトルは洗浄・検品が行われてリサイクルされる

「ちょうどそのころ、子どもたちの学校でエコについての授業が熱心に行われていました。私も環境問題には関心があったので『使用済みのボトルを回収するためゴミが出ない』というリターナブル方式が、いいと感じたんです。幸い我が家はスペースにも余裕もあったので、使用済みボトルが多少溜まってしまっても大丈夫でしたし。営業の方からリサイクルボトルがいかにしっかりと洗浄され、管理されているかという説明も受けたので、その点についても不安はありませんでした」

 そうして導入した「アクアクララ」のウォーターサーバーを増田さんはとても気に入り、水のおいしさもあって毎日の飲料水や料理に使い続けている。

 また別の観点でリターナブル方式が気に入っている人もいる。51歳の佐々木律子さん(仮名)は、こんな理由を話す。

「リターナブル方式のボトルは、再利用が前提ですからとても頑丈に作られています。以前、大きな地震のときに水道が使えなくなって困ったことがありました。でも丈夫なボトルなら、そうした災害のための水の備蓄にもいいのではないかと思っています」

   

◆ワンウェイ派

 33歳の加藤里子さん(仮名)は、ウォーターサーバー歴2年。「コスモウォーター」を利用している。

「うちの水道水がカルキ臭いうえにおいしくないことが、ウォーターサーバーを使おうと思ったのがきっかけです。ウォーターサーバーは勤務先の会社で使っていたので馴染みがありましたし、使い勝手も把握していましたから、業者の方が来たときに自宅用のものも頼んでみようと思いました」

 申込書に記入すれば、明日からでもウォーターサーバーが使える状態だった加藤さんだが、ふと気になることがあった。

「会社で採用していたウォーターサーバーは使用済みボトルを取り置いて、新しいボトルを持ってきてもらったときに回収するリターナブル方式でした。我が家はマンションのためキッチンや玄関が狭いことに気がついたんです。邪魔にならないところといえばベランダくらいですが、屋外に置くのは気が引けます。空になったボトルをどこに置けばいいのかで、二の足を踏んでしまいました」

 加藤さんはウォーターサーバーについて、さらに調べてみることにした。何社かのサイトを見ていくうちに、ワンウェイ方式で水を供給しているところもあると知った。

ワンウェイ方式では市販のペットボトルと同じ材質のボトルも多い

ワンウェイ方式では市販のペットボトルと同じ材質のボトルも多い

「ワンウェイ方式の『コスモウォーター』に興味を持ちました。使い終えたボトルを回収せず、ゴミとして捨てることができるとのこと。空になったボトルを保管しておく必要はないんですね。念のため私が住んでいる地域のゴミ処理について調べたら、ペットボトルと同じ捨て方ができることもわかりました」

 こうしたことから加藤さんはワンウェイ方式の「コスモウォーター」を選んだ。水道水で悩まされてきた臭いの心配はなく、お茶やコーヒーも格段においしくなったという。

 ワンウェイ方式を気に入っている意見として、60歳の徳田華子さん(仮名)はこう言う。

ボトルの材質がペットボトルと同じで簡単につぶせるせいか、非常に軽いんです。私は昔ケガをして足腰が悪いので、できるだけ体に負荷をかけたくないんですよ。ですからボトル自体が軽量なワンウェイ方式のほうがありがたいですね」

   

 * * *

 ウォーターサーバーを選ぶときには水質や水の味、サーバーの機能などさまざまな点を考慮することだろう。ボトルの交換方式もその一つ。それぞれのメリットと自分の生活スタイルを照らし合わせて、ベストなウォーターサーバーを見つけたい。