ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

【ウォーターサーバー選びのコツ】デザインで選んだ人のホンネ


【ウォーターサーバー選びのコツ】デザインで選んだ人のホンネ

 ウォーターサーバーを選ぶとき、なにを基準にするか…? 日常的に使うものだから、水の味や使い勝手はもちろん、デザインというのも重要になってくる。最近ではウォーターサーバーもさまざまな形や色、サイズのものがそろっており、デザイン面からの選択肢も広がってきた。そこで今回は、色や形も重視して選んだ人たちのホンネを聞いてみた。

◆コンパクトでかわいいのがいい!

 東京都の江上美紀さん(仮名)は28歳。昨年、お子さんが産まれ、ご主人と3人暮らしになった。ウォーターサーバーはお子さんが産まれて間もなく導入したという。

「それまではウォーターサーバーなんてまったく興味がなかったんですが、子どもが生まれる少し前になって『子どもを育てるには、できるだけいいものを与えたい』と考えるようになったんです。まずは水を換えようと、ウォーターサーバーを入れることにしました」(江上さん、以下「」内は同)

 母乳で育てるにも、まずは自分が安全な水を摂る必要があると江上さんは思ったという。また、将来的にも粉ミルクを溶いたり離乳食を作ったりする際に、水がいいことは大切だとも考えた。

「その都度ボトルの水を買ってくるのは手間なので、夫と相談してウォーターサーバーを導入することに決めたんです。選ぶポイントは “赤ちゃんにも安心な水”“サイズ”“デザイン”の3つでした。あまり大きいと我が家で場所を取ってしまうので、できるだけコンパクトなものがよく、デザインはかわいらしい感じのものがあれば…と思いました」

 江上さんはカタログを取り寄せたりインターネットで検索したりして、条件に合うウォーターサーバーを探した。いくつかに絞った中で最終的に決めたのは「アクアセレクト」の卓上タイプだった。

子どもが喜ぶかわいいデザインのウォーターサーバーもいい

子どもが喜ぶかわいいデザインのウォーターサーバーもいい

「まず『赤ちゃんにも安心』ということが詳しく書いてあったのがよかったですね。アクアセレクトには床に置くスタンドタイプと、移動させやすい卓上タイプがありました。卓上タイプなら必要のないときはテーブルからキッチンへ動かすなど簡単にできると思ったのです。色は5種類ある中で『ホワイトピンク』にしました。子どもにも喜んでもらえそうだし、一番かわいいと思ったからです」

 導入後、江上さんは自分とお子さんの健康のために料理はもちろん、日常飲むお茶もウォーターサーバーの水を使っているという。ご主人も水がおいしいということで、お酒やコーヒーを飲むときに使っているとのこと。

「他の家電や家具を白やピンク系にしているので、ウォーターサーバーも我が家にすっかりなじんでいます」

   

◆インテリアに合ったデザインを選択

 神奈川県の三井美子さん(仮名)は、33歳の主婦。1年前、知人のすすめでウォーターサーバーを導入することにした。

「東日本大震災以降、水をはじめとするライフラインのあり方に関心を持ってきたのですが、防災グッズを買う以外に具体的な行動は特に起こしていませんでした。そんなとき、ウォーターサーバーを使っている知人が、利点や安全性について話をしてくれたのです」(三井さん、以下「」内は同)

 ウォーターサーバーを使う決心がついた三井さんだったが、実際に販売店に見に行くと、どれがいいのか迷ってしまったという。機能や使い勝手は各社ともよく考えられており、なかなか一つに決めることはできなかった。

「家でカタログやインターネットの広告を見ながら悩んでいたら、夫が後ろからのぞき込み『これ、カッコいいじゃん!』と言ったものがありました。フレシャスの『dewo(デュオ)』というウォーターサーバーです。確かにスリムで引き締まったようなデザインはとてもオシャレに感じました」

 実際「dewo」は、インテリアとの親和性を視野に入れ、デザイナーによる設計が行われたウォーターサーバーで、グッドデザイン賞も受賞している。角ばったスタイルが多いサーバーの中、円筒形のデザインが異彩を放つ。

部屋にマッチしているかもウォーターサーバー選びの大きなポイント

部屋にマッチしているかもウォーターサーバー選びの大きなポイント

「結局、夫が気に入ったdewoに決めました。我が家はダイニングキッチンとリビングがひと続きなので、確かにデザイン性の高いもののほうがいいと思いました。色は5色の中で『メタリックブラック』を選択。置き場所となるところの壁がウッド調のやや暗い色なので、なじむ色にしたんです」

 デザインで選ぶ場合、本体の形や色だけでなく三井さんの場合は、家のインテリアとのマッチングも考慮に入れたわけだ。壁となじみやすい色調にしたため、ウォーターサーバーだけ「浮いて」見えるようなことはなく、部屋全体を見渡したときの違和感もないと、三井さんはいう。

「お客さんが来たとき、しばらくウォーターサーバーの存在に気づかなかったようです。別に隠しておきたいわけではないのですが、家の中にさりげなく存在しているという状態は、私も主人も気に入っています」

   

 * * *

 ウォーターサーバーは毎日頻繁に使うものであるし、長く使うものでもある。そうなると、好きな色や形状、家庭の空間にマッチしたデザインを求めたくなるのは当然といえる。単に実用性だけではなく「かわいい」「カッコいい」というのも、選択基準の重要な要素だ。