人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバー設置にあたり考えた「わが家のバリアフリー対策」

ウォーターサーバー設置にあたり考えた「わが家のバリアフリー対策」

 家の中にウォーターサーバーを置く場合、誰もが余裕のあるスペースを確保できるわけではない。しかし、移動の邪魔になったり、ぶつかったりすることがないように設置することは必須だ。特に、小さな子どもや高齢者のいる家庭では注意したいところ。そこで今回は、東京都内のユーザーに、ウォーターサーバーとバリアフリーについて聞いてみた。

コスモウォーター

◆サーバーまで安全にたどり着けるように

 ウォーターサーバー自体は、それほど大きく場所を取るものではない。床置き型の場合でも、40~50センチ四方のスペースがあれば問題はない。ただ、水の供給や温度管理のための電源、サーバーの熱を逃がすためのクリアランススペースなどが必要だ。また、縦長であるため、部屋の真ん中のような何もない場所では転倒の心配がある。

 49歳の秋野雅美さん(仮名)は、2年前からウォーターサーバーを使っている。

「ウォーターサーバーがあったらちょっと便利かな?くらいの軽い気持ちでわが家に置くことにしたんです。サーバー本体がシンプルな点が気に入って『アルピナウォーター』に決めました」

 秋野さんは、80歳近くなるご両親と同居している。ウォーターサーバーは家族の誰もが使いやすいリビングに置くことにした。

「本棚の隣にちょうどいいスペースがあったので、そこに置きました。ただ一つだけ心配があったんです。ウォーターサーバーにたどり着くまで、壁以外につかまる場所がないことでした。は足の具合が悪いので、水を取りに行くときに手すりのようなものがあるほうがいいと思いました

手すりが設置できない家の場合はどうする?

手すりが設置できない家の場合はどうする?

 賃貸マンションなので、壁に新たに手すりを作りつけるわけにはいかなかったと秋野さん。そこで、母親が手をかけやすい高さの、低めのチェストを購入。ウォーターサーバーへの導線となる壁際に置いた。

「木と金属でできた重量のあるチェストなので、グラつく心配はありません。上面は平らなのでコップなんかを置くこともできます。ウォーターサーバーは本棚とチェストの間に位置することになるので、安定感も保持されます。いろいろなリスクが払しょくされて、一石二鳥かなと満足しています」

 これまで事故もなく、家族みんなで快適にウォーターサーバーを使っているそうだ。

 

 

◆より安定性を重視して

 同様に高齢者のためのバリアフリーを考えているというのは、65歳の玉川好美さん(仮名)。

「2人の子どもが独立して家を出たので、一戸建てのわが家に空いている部屋が増えました。近所のお年寄りに、お茶を飲みに来たらと誘っているうちに、いつの間にか集会所のようになってきたんです。無料のデイサービス状態ですが(笑い)、昔からみなさんよく知った顔ですので、私も楽しんで応対しています」

 玉川さんは近所のお年寄りが集まるようになってから家の中で事故がないように、家具の配置を換えたり、段差に目印を付けたりという工夫を施した。ウォーターサーバーは以前から使ってきたが、危険回避のために別のものへの乗り替えを考えるようになったという。

「少しの時間でもよそのご家族を預かるわけですから、少しでもリスクを減らさないと…と思ったんです。それまで使ってきたウォーターサーバーは、本体の上にボトルを設置するタイプでした。もしかしたらボトルを下に入れるほうが安定しているかもと、『コスモウォーター』に替えたんです」

 ウォーターサーバーの多くは、ボトルを上部に設置する。もちろんこれで安定性は十分確保されているのだが、玉川さんは自分自身が安心したかったという。

「バリアフリーというほど大げさなものではありませんが、ちょっとした気づかいが安全につながればと思っています」

 

 

ウォーターサーバーを置く場合、間取りなどもよく考えたい

ウォーターサーバーを置く場合、間取りなどもよく考えたい

◆子どものいたずら防止に

 33歳の沢田和歌子さん(仮名)は、「うるのん」のウォーターサーバーを1年前から愛用している。

「私には4歳と2歳の娘がいます。元気な子どもたちで、家の中を走り回ることがよくあります。ときどき注意はするんですが、私の目が届かないこともあるので、家具や電化製品を倒したりすることがないか心配です」

 ウォーターサーバーを導入したとき、沢田さんは娘さんたちが不用意にいじって火傷することがないか心配だったとか。しかし、「うるのん」は「スタンダードサーバー」でも、2か所操作しないと給湯できないシステムになっている。

「それでも何かあったら怖いので、私はいっそのことウォーターサーバーを隠してしまおうと考えたんです。サーバーは青いキレイなボトルが乗っているので、娘たちは絶対興味を持つと思いましたから」

 沢田さんの採った方法はウォーターサーバーをキッチンに置き、リビングとの間にカーテンを引いてしまうこと。これでキッチンの中に入らない限り、目には入らない。

「娘たちには以前から、キッチンに入ってはいけないと言っていましたから大丈夫です。バリアフリーというか、ウォーターサーバーにバリアをはってしまったのが、わが家のやり方です(笑い)」

 

 

 * * *

 各メーカーとも、転倒防止器具やチャイルドロックなど安全性については十分対策されている。ただ、ユーザー側の状況は家庭によりそれぞれ千差万別だと思われるので、より安全で自分の家庭にマッチしたウォーターサーバーの使い方を工夫したい。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!