ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ふわふわかき氷 ウォーターサーバーがあれば家でも味わえる?


ふわふわかき氷 ウォーターサーバーがあれば家でも味わえる?

 秋も深まり、そろそろ肌寒くなってくるこの季節。温かいお茶でも飲んでほっこりしたい気分だが、そんななかでもまだまだ大人気なのがかき氷だ。

 ここ数年、大ブームとなっているかき氷。2015年春に、台湾の人気かき氷店「アイスモンスター」が東京・表参道に上陸、すぐに行列ができる大人気店となったことも記憶に新しい。

 さらに、東京都内を中心にふわふわの高級かき氷店が人気急上昇中。今年の夏には雑誌やワイドショーなどでも多く取り上げられ、夏のスイーツの大定番となっているのだ。

ふわふわの高級かき氷がブーム

ふわふわの高級かき氷がブーム

 そもそもかき氷といえば、駄菓子屋などで気軽に食べられるものだったが、昨今ブームになっているかき氷は1000円くらいの高級なものがほとんどだ。

 ふわふわの氷に多種多様なシロップで、それはまさに高級スイーツといった雰囲気。フルーツがふんだんに乗せられたものも多く、どちらかといえば“パフェ”に近いものといえるだろう。

 そして、人気かき氷の“キモ”となるのが、そのふわふわに削られた氷。口に入れた途端に、すーっと溶けていくその食感は、家で作ったかき氷のジャリジャリしたものとはまったく別物。そのなんともいえない口溶けは感動すら与えてくれる!

ふわふわ食感のカギは「天然水」

>ふわふわ食感のカギは「天然水」

 そんなふわふわな食感は、天然氷だからこそ発揮できるものだ。「天然氷」とは、湖や池などで自然にできた氷のこと。製氷会社は、自然のなかで採掘した氷を氷室で保存、かき氷店はそれを購入しているわけだ。

 たとえば、東京・三軒茶屋の人気店「和kitchen かんな」では、栃木県日光市で採れた天然氷を使用しているという。特に東京のかき氷店の場合は、栃木県で採れた天然氷を使うケースが多いとのことだ。

 天然氷の大きな特徴は、不純物(水以外の物質)がほとんど含まれていないということだ。そして、この事実がふわふわの食感につながるのだ。

 水が凍るとき、水の分子同士が結合していくわけだが、そのとき水に溶けているミネラルなど(不純物)を外へ押し出していく性質がある。

 冷凍庫などで人工的に氷を作る場合、急速に冷やすため不純物を十分に押し出すことができない。しかし、天然氷は長い時間をかけてゆっくり作られるので、十分に不純物が抜けて、純度の高い氷となるのだ。

 純度が高いと、分子同士の結合も強いため、結果的に硬い氷となる。氷が硬ければ、より細かく削ることができるため、ふわふわな食感を実現できる。

 さらに、分子同士の結合が強いということは、溶けにくいということでもある。なので、天然氷であれば、シロップをかけてもなかなか溶けないので、ベチャベチャになることなく、かき氷の食感を長い時間楽しむことができるのだ。

 また、天然氷のかき氷の場合は、そこまでキンキンに冷やさなくても美味しさを保てるので、頭がキーンとする「アイスクリーム頭痛」になりにくいという特徴もある。

家でふわふわかき氷を再現するコツ

家でふわふわかき氷を再現するコツ

 天然氷のかき氷が美味しいのは、それなりの科学的根拠があるわけだが、そんな美味しいかき氷を家で再現するのはどうすれば良いのだろうか?

 もちろん、天然氷を手に入れられるのであれば、それがいちばんだが、そう簡単なことではない。となると、いかにして天然氷に近い氷を家で作るか、ということが課題となる。

 そこで、重要なのが水に含まれる不純物だ。前述したように、天然氷は不純物がほとんど含まれておらず、その事実こそがふわふわかき氷の秘密なのだ。

 ということは、不純物が含まれていない水を使って氷を作れば、天然氷に近づけるのではないか? ということで、ミネラルウォーターを使って氷を作る──それがふわふわなかき氷を手軽に作る最大のコツなのだ。

 ここで重要なのが、ミネラルがあまり含まれていない軟水を使うことだ。あるいは、フィルターを通して不純物を取り除いた、いわゆる“RO水”と呼ばれるウォーターサーバーの水を使うのもOK。

 さらにはミネラルを多少含む軟水ではなく、ミネラルをまったく含まない「純水」であれば、さらに良いだろう。とにかく、ミネラルが多い硬水の場合は、ふわふわ食感を再現するのは難しい。

 また、出来上がった氷を冷凍庫から出してすぐに使わず、少し常温で放置してから削ると、より一層ふわふわな食感になるという。もちろん放置しすぎて溶けてしまっては意味はなく、氷の表面の霜が溶け落ちるくらいがベストなタイミングだ。

 そして、いよいよ氷を削るわけだが、残念ながら、これはかき氷機の性能に頼るしかない。最近では、ふわふわに削るためのかき氷機も多く発売されており、そういったものを選べば、より美味しいかき氷ができるはず。

 また、氷はなるべく薄く削ることでふわふわになるので、刃の調整ができるかき氷機の場合は、できるだけ薄く削るように設定するといい。

 とにかく、美味しいかき氷にはミネラルウォーター。軟水、もしくは純水を使うことがいちばん重要だ。高級かき氷をお店で食べるのもいいが、家でリーズナブルに楽しんでみるのもいかがだろうか。

 家庭用ウォーターサーバーがあれば、それで作った氷を常にストックしておいて、食べたくなったらいつでも手軽にふわふわかき氷…というのも夢ではない。