ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

最新アンケート「サーバー選びで最も重要なポイントは?」


最新アンケート「サーバー選びで最も重要なポイントは?」

 当初は企業やオフィスなどビジネスユースが多かったウォーターサーバーだが、ここ最近は一般家庭でのニーズが急増してきた。導入にあたっての選択の基準は、会社であればコストや機能が優先されるだろうが、一般家庭となるとほかのさまざまな要素が加わってくるはず。そこで、現在ウォーターサーバーを家庭で実際に使っているユーザーと今後利用を考えている人に、サーバー選びで重視するポイントとその理由をできるだけ詳細に聞いてみた。

◆コスト面が一番気になる!

 対象としたのは20~70代の男女25人。2017年11月にランダムに聞き取りを行った。アンケートの数字もさることながら「なぜそこに重きを置くのか」をヒアリングすることが、主な目的だ。

 まず、最も重視したい点としてあげられたものを集計したのが以下のグラフ。回答割合をパーセントにして表示している。

ウォーターサーバー選びで重視したい点は?

 一番多かった回答は「価格」。最近のウォーターサーバーは、本体を無料でレンタルしているところが多いため、ここでの価格とは水のランニングコストということになる。価格を重視する人の意見では「毎日使うものなので、少しでも安い方がいい」(女性・50代)、「ランニングコストが高いと、無意識にちびちび使うようになってしまう」(男性・50代)などが目立った。

 ところが詳しく聞くと、この回答を選んだものの実際に利用しているウォーターサーバーの水は、決して低価格ではない人もいた。理由を聞くと「水の価格が安いことは確かにありがたいんですが、自分が好みの水質の中で極力安いものを選びました」(男性・40代)や、「低価格であることを軸に考えていましたが、そのとき一番安いとすすめられたサーバーがあまり好みでなかったので、二番目に安かったものにしました」(女性・40代)ということだった。

   

◆水の質にこだわりたい!

 次に多かった答えは「水質」。ウォーターサーバーに使われている水には「天然水」と「RO水」がある。天然水は、地下深くからくみ上げた水を安全に処理し、そのまま供給する。もともと含まれているバナジウムなどのミネラルが活かされていることが多い。RO水は、逆浸透膜という超微細なフィルターを通し、不純物をほぼゼロにするろ過方式を採用した水だ。ミネラルまでろ過されてしまうので、ミネラルの含有量を調整して出荷される水もある。

 その水質に重きを置く人は、「ウォーターサーバーを使いたいと思った最大の理由が『安全でおいしい水』ということなので、どんな水なのかが重要でした」(男性・40代)や、「料理をおいしく作るために硬度の低い水を探していたので」(女性・30代)とのこと。

 硬度は水に含まれるミネラルの量によって変わり、含有量が少ない(硬度が低い)方が食物へ浸透しやすく、出汁などがよく出ることがわかっている。ただ国内で扱われているウォーターサーバーの水は硬度が低く、料理やお茶などにも適したものがほとんどだ。

「販売員さんから水に含まれるバナジウムの働きを聞いたので、それが含まれている天然水を求めました」(女性・40代)といった、水の種類をピンポイントで考えている人も。ウォーターサーバーの意義は「おいしく安全な水が安定供給される」という点。水質にこだわる派は、水についてよく研究しているようだ。

採水地を重視する人も少なくない

採水地を重視する人も少なくない

 3番目に多かった回答は「ブランド」。まずはその理由から聞いてみる。

ネットの広告などでよく目にする」(女性・20代)、「使っている水の名前をよく聞くから」(女性・40代)、「大手企業が展開しているウォーターサーバーだから信頼できる」(男性・70代)など。

 ウォーターサーバーを取り扱っている会社には、専業として行っているところ、事業の一部門として始めたところ、もともとはミネラルウォーターを販売していたところなどがある。ウォーターサーバー自体がブランド化しているケースや、水そのものがブランド力を持っていることもある。その実績と信頼をベースに、ユーザーは「指名買い」をするということだろう。

 しかし、後発のウォーターサーバー会社でも、サービス面や機能面に特徴を持たせたり強化したりと、知名度に負けない工夫を続けている。いずれ強いブランド力を持つようになるかもしれない。

◆デザインや機能で選びたい!

 ウォーターサーバーの「デザイン」や「機能」を、最重点ポイントに置くという人もいる。ウォーターサーバーの基本的な機能は、冷水と温水がすぐに出るということだが、「私が選んだサーバーは炭酸水を作ることができる点が良かった。健康のためにそのまま飲んだり、ウイスキーを割るのに使ったりととても便利」(女性・40代)、「水素水が出せるというのが魅力でした」(女性・30代)など、サーバーの独自の機能が選択のポイントという回答も見受けられた。

炭酸水や水素水に対応したサーバーも

炭酸水や水素水に対応したサーバーも

   

 * * *

 ウォーターサーバーの種類が現在のように増えてくると、それだけ選択の悩みも大きくなってくる。候補の絞り込みに行き詰まったら、今回の調査も参考に「一番重視すべき点はどこか?」から考え直してみてはどうだろうか。長く使えるお気に入りのウォーターサーバーに出合えることができるかもしれない。