人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーのチャイルドロック解除に大人が挑戦したら…

ウォーターサーバーのチャイルドロック解除に大人が挑戦したら…

 ウォーターサーバーの水は、飲んでおいしいだけでなく安全性についても徹底的に配慮されていることが大きな特長だ。また、水そのものの安全性のほか、サーバー本体も安心して使えるように様々な工夫がこらされている。その一つに「チャイルドロック」がある。親の目の届かないところで子どもが簡単に操作できないような機構になっているわけだが、では大人の使い勝手はどうなのだろう? 今回は、ウォーターサーバーを初めて触る成人男女に、チャイルドロック解除を試してもらった。

◆子どもは大人より火傷しやすい!?

 ほとんどのウォーターサーバーには、熱いお湯と冷たい水を出すことが基本的な機能として搭載されている。冷水は5~10度程度なので、うっかり手にかけてしまっても「冷たいっ!」と感じる程度だが、お湯の方はメーカーにもよるが80~90度といった高温。これを皮膚に浴びたら火傷は免れない。これまでの研究によると、80度を超えるお湯では、1秒程度触れているだけで火傷してしまうという。50度であっても3分以上触れていると「低温火傷」の状態になるというから、お湯の取り扱いは慎重にしたい。

 日本熱傷学会によると、子どもの皮膚は薄いため大人と比べて火傷しやすいとのこと。大人だったら皮膚が赤くなる程度でも、子どもの場合は重傷になる可能性が高い。また、国民生活センターでは、子どもの火傷は親の目が届きそうな場所で起こっていることに注意を促している。原因となるものは、調理食品、ストーブ、電気ジャーやポットなどが上位。事故現場はリビングやキッチンまわりで、ウォーターサーバーもこうした場所に設置することが多い。

 そんな子どもの事故を回避するため、ウォーターサーバーに設けられたメカニズムが「チャイルドロック」だ。

チャイルドロックは子どもの事故を防ぐために付けられた

チャイルドロックは子どもの事故を防ぐために付けられた

 チャイルドロックには、大きく分けて2種類の操作方式がある。出水操作を行うコックに何らかの仕掛けを施し、単純動作では水が出ないようにした物理的ロックと、ボタンなどIC制御でロックを解除する電子式ロックだ。いずれも操作方法を多少複雑にして、子どもが不用意に熱湯などを出すことができないようにしてある。

 各メーカーではそれぞれのロックを採用しているが、そこにはある種のガイドラインが設けられている。一例が「日本宅配水&サーバー協会」が決めた統一基準。「1歳6か月くらいまでの子どもができない操作」というのを専門家からの助言を得て策定したものだ。

 物理的ロックでは、この世代の子どもは一般的に「ロックの凹凸を合わせながらコックを下げる」といった動作が同時にできないことから、2つ以上の動作の組み合わせを取り入れることと、ロックを解くためにある程度の力の強さが必要なようにしている。

 一方、電子式ロックでは「解除ボタンを3秒以上押す」というのを基準にしている。これも1歳6か月までの子どもにはできない操作だという。ちなみに国民生活センターの調べでは家庭内の子どもの火傷は0~1歳が非常に多く、ウォーターサーバーの安全基準もこうした実情に沿ったものといえるだろう。

◆大人がチャイルドロックに挑戦したら…

 小さな子どもが簡単に操作することができないように作られたチャイルドロックだが、大人なら事前情報なしにやすやすと解除できるものなのだろうか? 東京都内の成人男女3人に、使ったことがないウォーターサーバーからお湯を出してもらう実験を行ってみた。

 まず38歳の男性Aさん。「クリクラ」のスタンダードタイプのウォーターサーバーから、お湯を出してもらうことにした。これはツマミ部分を持ち上げて、コックの上に載せてから押し込む形式だ。結果は、Aさんは最初ツマミをそのまま押し下げ、次に横に回すなどいくつかトライ&エラーを繰り返した後、1分ほどしてから正しいやり方を見つけることができた。

 

 次に43歳の男性Bさんに「コスモウォーター」の「smartプラス」から、お湯を出してもらった。このサーバーは、ボタンを押しながら出水レバーを押し込むとお湯を出すことができる形式。また、出水口の上部のレバーを倒すと完全にロックがかかり、どこを押してもお湯は出てこない。そこでBさんには、この完全ロック状態で試してもらった。すると最初に、ボタンを押しながら出水レバーを押し込む動作を行った。しかし倒したレバーに気付いたのはその後。やはり、1回のトライでお湯を出すことはかなわなかった。

 

 37歳の女性Cさんには、「フレシャス」の「dewo」で試してもらった。これは電子式ロックを採用しており、アンロックボタンを長押ししないと解除できないようになっている。Cさんにマグカップを渡すと、操作パネルをちょっと見渡して「UNLOCK(解除)」ボタンを1度押す。反応がないので直後に長押しすることで、お湯を出すことができた。ちなみにこのボタン類はサーバーの上部に配置されているので、背の低い子どもだと、そもそも認識することができない。

 

「フレシャスdewo」のボタン類

「フレシャスdewo」のボタン類

 3人に別々のサーバーを使ってもらうという実験なので統計的な裏付けはできないものの、大人でも情報がまったくない場合は、チャイルドロックをそう簡単には解除できないことがわかった。それを考えると、ウォーターサーバーの安全性はかなりの高水準といえるのではないだろうか。