ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバー選びに迷ったら水の産地をチェック!


ウォーターサーバー選びに迷ったら水の産地をチェック!

 レストランでお店の人に水の産地を聞いたことはありますか? 自宅で飲む水を選ぶ際に産地を確認していますか?

 野菜や肉を産地で選ぶ方は多いと思いますが、水までそうしているという方はあまりいないのではないでしょうか。蛇口をひねると出てくる水がどこから来ているのかご存知でしょうか?そう、お水にも産地があるんです!

◆水の産地を知ればもっと楽しめる

水の産地を知ればもっと楽しめる

 環境省は平成28年3月29日に『~名水百選30周年記念~「名水百選」選抜総選挙』の結果を発表しました。これは「平成の名水百選」(平成20年選定)を含めた200の「名水」が「観光地」「景観」「秘境地」「おいしさ」の4つの部門で人気などを競いあったものです。

「観光地」「景観」「秘境地」も気になりますが、やっぱり一番知りたいのは「おいしさ」部門のランキングですよね? それではさっそく発表していきます。

 5位は岐阜県岐阜市、4位は山形県西川町、3位は北海道東川町、2位は福井県若狭町、そして1位は神奈川県秦野市の水です。

 秦野市は新宿、横浜から電車で約1時間の所にあります。秦野盆地の地下は天然の水ガメになっていて、長い年月をかけて丹沢の山々からじっくりと染み込んで磨き上げられた豊富な地下水を蓄えています。

 市内には湧水スポットが多数あります。お茶やコーヒー、焼酎やウイスキーの水割りはもちろん、香り重視の料理にもあっている軟水です。ソムリエの田崎真也氏がテレビ番組でバランスが良くおいしい水だと評価したこともあるとのこと。

 秦野のようにその土地固有の自然環境が水を作るため、産地によってそれぞれ特徴が出てきます。ミネラルの含まれ方で味が大きく変わるのです。日本国内でももちろんそうですし、海外の水にもそれぞれ特徴があります。

◆水の産地を楽しむための3つの方法

水の産地を楽しむための3つの方法

 産地で水を選ぶ際にミネラル成分をチェックしながら選ぶのも良いですが、他にもオススメの方法があります。では1つずつ紹介していきましょう。

【1】旅行気分で選ぶ

「名水百選」「平成の名水百選」は日本全国から選ばれています。北海道から沖縄までずらりと並んだ名水を見ていると、日本はつくづく水の国だと実感します。海外にもフランスやイタリアなどに水の産地がありますね。

 そういう中から旅行で行って良かった場所、これから行ってみたい憧れの地の水を選んでみてはいかがでしょうか?

 遠い土地の料理を現地と同じように味わうのは難しいですが、ペットボトルやウォーターサーバーがあるので、水は風味を損なうことなく手に入れることができます。

   

 水を選ぶことで日本一周、世界一周の気分を味わってみませんか? おいしい水が見つかったらきっとその土地に興味が湧いて、行ってみたくなること間違いなしです。

【2】料理、飲み物によって水を選ぶ

 水を選んで味わうことから一歩進んで、料理や飲み物を作る際の水を選んでみてはいかがでしょうか?

 例えば、カボチャスープを作る際にそのカボチャの産地と同じ水を使う、好きな焼酎を割るのに同じ水源の水を使う…といった工夫をすれば相性が良いので味が馴染みやすいはずです。各地の味噌に合わせて水を選んで、味噌汁を作るのもオススメです。

 家族や友人に料理を振る舞う際に料理に合わせて水を選んでいることを話せば、盛り上がること間違いなし。肉や魚のメインディッシュ、サラダに入れている野菜の産地だけではなく水の産地にまでこだわった料理が出されたらきっと感激されるはずですよね。

【3】北から南まで順番にテイスティング

 産地で選ぶ良さは分かったけれども、何を基準にしたら良いか分からない、たくさんありすぎて選べない…というケースもきっと多いですよね。そういう方はぜひ、北から順番に日本全国を制覇してみませんか?

 各県から1種類ずつ順番に選んで飲んだら、きっと自分の舌にマッチするもの、体調に合うものが見つかるはずです。

「名水百選」「平成の名水百選」を参考にしてみるのもオススメです。きっとお気に入りの名水が見つかりますよ。

 日本全国を制覇したら、次は海外の水ですね。フランス、イタリアと飲んでいくと日本の水との違い、ヨーロッパの中での違いも分かってきます。ソムリエ気分で違いを楽しみましょう。

◆自分に合った水の産地を見つけたら…

自分に合った水の産地を見つけたら

 産地で水を選ぶためのヒントをご紹介してきました。産地で選んでいくと、きっと好みの水が見つかります。1種類ではなく、いくつも見つけて、用途によって使い分けるのもオススメです。

 同じコーヒー豆でも水で味が変わります。お茶もそうです。味噌汁の味も違ってきます。肌の調子が水によって変わることを実感する人もいるでしょう。

 お気に入りを見つけたら、その産地の水が飲めるウォーターサーバーがあるかどうかぜひ探してみてください。ウォーターサーバーは冷たい水、熱いお湯がいつでも出てくるので、手間をかけずにお気に入りの飲み方を楽しめます。

 災害時の備蓄にもなり安心です。日本の水だけではなく、海外の水を楽しめるウォーターサーバーもあります。お気に入りを見つけて、自宅や職場で快適な水ライフを送ってくださいね。