ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

おいしい水で最高の一杯を! 人気のコーヒーメーカー最新レポート

マンションやアパート「ウォーターサーバーどこに置いてる?」調査

 ウォーターサーバーにはさまざまな種類の水があるが、いずれも安全安心で、そのまま飲んでおいしいということには変わりはない。そして、その水の利用法は家庭によってさまざまだが、よく聞かれるのはお茶などをいれること。中でもこだわりを持つ人が多いのが、コーヒーや紅茶だ。そこで今回は、大手家電量販店で、おいしい水でさらにおいしくいれられる「コーヒーメーカー」の最新事情について調べてみた。

コスモウォーター

◆手軽な価格帯で人気

 コーヒーを抽出する方法としては、サイフォン、ペーパードリップ、ネルドリップなどのほか電動式コーヒーメーカーもその一つだ。コーヒーメーカー自体は昔からある商品だが、最近はただのコーヒー抽出機ではなく、格段の進化が見られるという。そこで、最新のトレンドと人気商品について、都内家電量販店のキッチン家電担当者・Aさんにうかがった。

「最近の傾向として以前と違うと感じるのは機能面はもちろんですが、デザイン性が向上していることですね。外装やコーヒーを受ける“ジャグ”部分のほかに、表示ランプを美しく目立たせようといった工夫も見られます」(Aさん、以下「」内は同)

 コーヒーという嗜好品を、ビジュアル的にも楽しんでもらおうという狙いなのだろう。

「一番の売れ筋は、ティファールのコーヒーメーカー『スビト』ですね。売れている理由として考えられるのは、電気ポットなどで著名なブランドであることと、3000円前後で買えるリーズナブルな価格だと思います。ペーパーレスフィルターという、洗って何度でも使えるエコなフィルターを採用していますが、使い切りのペーパーフィルターをセットすることもできます。ゴミを増やしたくないときはペーパーレスでいれるなど、状況に合わせた使い方をするといいと思います」

 カラーはソリッドブラック、メタリックルビーレッド、メタリックノワールの3色。黒一色のソリッドブラックがよく売れているというが、赤がアクセントになっているメタリックルビーレッドにひかれる人も少なくないそうだ。

「コーヒーメーカーの入門機としてもオススメです」

左から「スビト」(実勢価格3000円前後)、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」(税込み定価3980円)、「珈琲王」(税込み定価1万5984円)

左から「スビト」(実勢価格3000円前後)、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」(税込み定価3980円)、「珈琲王」(税込み定価1万5984円)

◆本格的なカフェメニューを家庭でも

「若い世代を中心に人気があるのが、世界的なコーヒー企業であるネスレの『ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ』です。大きな卵のようなユニークな外見をしています」

 一見したところコーヒーメーカーには見えない形状をしているが、充実した機能を搭載しているとAさん。

「この製品は、1台で多彩なメニューをとても簡単に楽しむことができるのが最大の特長です。本体前面にボタンが並んでいますが、これがそれぞれブラックコーヒーやカプチーノ、カフェラテなどを作るための独立したスイッチなんです。同社のカフェ製品パウダー『ネスレブライト』を使用すれば複雑な操作をすることなく、文字通りワンタッチで出来上がります

 メニューに対応したそれぞれのボタンがあれば、操作ミスの低減にもつながる。朝の慌ただしいときなどにはありがたい工夫だ。

「家庭でも泡の乗ったカプチーノを作ってみたいという人やカフェ好きの人に受けています。このマシンの隣に、自作の“ラテアート”を置いたらインスタ映えしそうですよね(笑い)」

 高価格帯ではない点も、若い層が手に取りやすい理由の一つだろう。おいしいウォーターサーバーの水があれば、ワンランク上のカフェメニューになりそうだ。

楽しいラテアートも、いい水を使えばおいしさもアップ!

楽しいラテアートも、いい水を使えばおいしさもアップ!

◆味と香りを引き出すメカニズムとは?

 コーヒーメーカーを手軽に簡単に使ってみたいという人もいれば、もう少しこだわったチョイスをする人に人気の製品もあるという。

「ハリオの『珈琲王』ですね。同社は耐熱ガラスの草分け的存在で、ガラス製のグラスやポット、サイフォンなどでも知られています。コーヒーのドリップも独自の方式を開発しており、ドリップ穴が1つしかない『V60』というタイプがそれです。ペーパーフィルターがほぼ完全な円すい形になるため、豆の味をムラなく引き出すことができるといわれています。『珈琲王』はこの『V60』を採用しているほか、プログラムによってコーヒーの味と香りをベストな状態で出すメカニズムになっています」

 コーヒーのドリップで重要とされる「蒸らし」の工程も、分量によって自動的に変わるというきめの細かい設定。本体デザインもシンプルでクラシカルなスタイルで、まさに“通好み”といえそうだ。

「長年、こだわりのコーヒーを自分でいれてきた人や、プロの方からの人気も高いですね。こういったマシンを使うとなると水道水ではなく、それなりにこだわりのお水にしたくなるのではないでしょうか」

 * * *

 朝食時に手早くサッと飲む、仕事の合間のティータイムにホッと一息、夜にくつろいだ気分でじっくり味わう…など、コーヒーを楽しむシーンはさまざまだ。最新の機能を搭載したコーヒーメーカーと、お気に入りのウォーターサーバーのおいしい水を使って、ワンランク上のコーヒーブレイクを楽しんでみてはいかがだろう。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!