ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

大事なペットのためのウォーターサーバー その理由は?


大事なペットのためのウォーターサーバー その理由は?

 おいしさと安全性を兼ね備えたウォーターサーバーの水を、家族で日常の飲料水にしたり料理に使ったりしている人は多い。それだけでなく、ペット用の水として活用している人も増えてきている。そこで今回は、ペットを飼っているウォーターサーバーユーザーたちが、どんな理由でウォーターサーバーを選び、実際どのように使っているのかを調べてみた。

◆愛猫にいい水を与えたい

 東京都に住む、28歳の斉藤留美さん(仮名)は8歳のネコと暮らしている。

「大学時代からの付き合いです。知人からもらった雑種ですが、おとなしくてとても良い子なんです。私にとっては家族同然なので、定期的に動物病院で検査してもらうなど、大切にしてきました」

 ネコで8歳というと、人間では中年の域。個体によっては体の節々に不調が出てくる年ごろだ。斉藤さんも当然、エサや水、運動など気をつかうようになったとのこと。

「かかりつけの獣医さんに聞いたところ、ネコは年を取ると腎臓が悪くなったり結石ができやすくなったりするということでした。幸いうちのネコはまだ問題はないというので安心しましたが、あらかじめ手を打っておけることがあれば、できる限り準備しておきたいと思いました」

 そこで斉藤さんはいまから1年前、できるだけネコが健康でいられる環境を整備するため、中高年のネコ用のエサを研究するほか、水についても調べ始めた。

ペットに与える水は硬度も考慮する必要がある

ペットに与える水は硬度も考慮する必要がある

「調べた結果、ネコの飲み水は水道水でも問題ないようだったんですが、ミネラル分は過剰に蓄積すると結石の原因になると獣医師から聞いていたので、ウォーターサーバーの水を使ってみることにしました。そこでウォーターサーバーについてインターネットで調べ、最終的に『アルピナウォーター』に決定しました。決めた理由はミネラル分が非常に少ない“超軟水”だったからです」

 水の硬度は、溶け込んでいるマグネシウムとカルシウムの総量が多いと高くなる。日本国内の水は水道水から井戸水までミネラル分の少ない軟水だが、ウォーターサーバーの水には、それよりずっと硬度の低い超軟水のものも存在する。特にRO水と呼ばれる微細なフィルターでろ過した水は、混じりけのない純粋に近い水を精製し、そこに適宜ミネラル分を加えるため、超軟水を作ることができるのだ。

「動物病院で知り合った人の中にも、軟水のウォーターサーバーを使っている人がいました。私は部屋の大きさや生活スタイルも考えて、卓上タイプを家に置くことに決めました」

 以来、斎藤さんはネコの飲料水としてウォーターサーバーの水を使い続けている。もちろん自分でお茶を飲むときなどにも活用しているという。

「ウォーターサーバーはお湯も冷水も出るので、季節に合わせてちょうどいい温度になるように混ぜて、ネコに与えられるのも便利ですね」

   

◆愛犬の健康を考えて

 40歳の田中愛子さん(仮名)は、3年前からイヌを飼い始めた。犬種はウェルシュ・コーギーだ。

「子どものころイヌを飼っていたので、いつかまた飼いたいと思っていたんです。でも、飼うのは子育てが一段落してからと考えていました。3年前、息子が10歳になったので、そろそろいいだろうと、ペットショップから連れてきました」

 それからというもの、田中さん自身はもちろん、ご主人や息子さんも愛犬をかわいがり、旅行に行くときも車に乗せて出かけるまでになった。

愛犬にも安全・安心な水を与えたい

愛犬にも安全・安心な水を与えたい

「飼い始めてから1年ほど経ったころ、友人と話していたらウォーターサーバーの話題が出ました。友人はすでにウォーターサーバーを使っていて、いろいろと便利だと話してくれました。私はそこで、おいしい水という点について心引かれたのですが『イヌにもいい水だったりするのかな?』と思い、ウォーターサーバーについて調べることにしました」

 田中さんが調べたところ、水の硬度が極端に高い水は、動物の飲料水としてはあまり向いていないということがわかった。

「外国産のミネラルウォーターの中には、硬度が300とか500とかすごく高いものがあるそうですが、ミネラル分が多すぎる水はペット向きではないとのことでした。そこで、ウォーターサーバーを扱っている各社の水はどのようなものかと、いろいろサイトをのぞいてみたんです。『フレシャス』のサイトを見ていたら、獣医さんが水について解説しているコーナーがあり、そこに軟水なのでペットにも大丈夫と書いてあるのを見て使ってみようと考えました」

 田中さんは「フレシャス」の水を、まず家族で飲んでみた。ご主人も息子さんも水道水のようなニオイもなく、スッキリ飲めると喜んだそうだ。それから愛犬の水としても使い始めた。

「イヌに水の味の違いがわかるかは、私たちにはわかりません。でも、塩素などが入っていない安全な水であることは、飼い主の安心感にもつながります。愛犬には少しでも健康で長生きしてもらいたいですからね」

   

 * * *

 硬度が数百もあるような硬水のミネラルウォーターはペットにオススメできないが、日本国内で扱われているウォーターサーバーの水は、ほとんどが軟水。まず問題はないとする獣医師は多いが、心配なときは事前にメーカーや獣医に相談するといいだろう。