ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

「天然水」派vs「RO水」派 ウォーターサーバーユーザーのホンネ調査

「天然水」派vs「RO水」派 ウォーターサーバーユーザーのホンネ調査

 ウォーターサーバーを導入するにあたっていろいろリサーチしていると、水に2種類あることに気づくはずだ。「天然水」と「RO水」がそれだ。これは水の処理方法の違いで、それぞれに特長がある。今回は、この2つの水の違いや、それぞれを支持する都内在住のウォーターサーバーユーザーの声などをまとめてみた。

コスモウォーター

◆天然水のよさとは?

 ウォーターサーバーに使われている水は、ただ単にその辺のキレイな水を汲んで来るのではなく、クリーンにする作業やミネラルバランスの調整、検査など、多くの工程を経て私たちのもとに届いている。

「天然水」と表記されている水は、主に地下水を汲み上げて生成される。もととなる原水からゴミなどを除去し、殺菌処理などが行われる。山奥でわき出ている清水は一見キレイでおいしそうだが、自然界に存在する雑菌や動物の排泄物で意外と汚れていることがある。地下深くの水ではそうしたリスクは少ないが、ゼロということはまずあり得ない。

 国内の一般的な水道水は殺菌のために浄水場で塩素が投入されているが、ウォーターサーバーの水ではそうした薬品類は使用されない。薬品を入れると味やニオイに影響してしまい、天然水のよさが損なわれてしまうからだ。

 では雑菌はどのように処理されるのか? 一般的なのは「加熱処理」だ。雑菌は高熱処理をすると死滅することはよく知られている。例えば厚生労働省の清涼飲料水の加熱処理では「85度で30分」といった条件がある。

 一方で、熱を加えない「非加熱処理」という方法もある。水を高温にせず、紫外線やオゾンといった、雑菌を死滅させる効果のあるものを使用する。非加熱の利点は、天然水に溶け込んでいる酸素(溶存酸素)がそのまま残り、汲み上げたそのままの風味が楽しめるという点だ。プレミアムウォーター」では、この非加熱処理を採用している。

 

 

天然水は自然の味をそのまま生かしている

天然水は自然の味をそのまま生かしている

 では、天然水についてユーザーは実際どのような感想を持っているのだろうか。39歳の飯野智子さん(仮名)は、こう話す。

「ネーミングから受けるイメージがいいんです。わが家では『サントリー南アルプスの天然水サーバー』を使っていますが、選んだ理由の第一は清らかな水のイメージでした。深い山の雪解け水を思わせてくれますし、旅情もかき立てられます」

 

 

 41歳の渡辺真理子さん(仮名)は、天然水の味にこだわったという。

「ウォーターサーバーを導入する前にいくつか試飲して、気に入ったのが『フレシャス』の富士の水だったんです。私の味覚に天然水が合っていたんでしょうね。富士山からの水には名水が多いと聞きますし」

 天然水は採水地の清らかなイメージが浮かびやすい点が、ユーザーの気持ちにヒットするところがあるようだ。

 

 

◆RO水のよさとは?

 一方、「RO水」は単語だけ見ても、何のことかまったく想像がつかない人もいるだろう。これは「RO膜(逆浸透膜と訳される)」という、超高性能なフィルターでろ過した水のことだ。水をろ過するというと家庭用の浄水器を想像する人もいると思うが、それとは比較にならないほど高性能なのがRO膜だ。

 どのくらい性能が高いか、数字で見てみよう。RO膜の「目」の細かさは100万分の1ミリ~1000万分の1ミリ。想像もつかない領域だが、インフルエンザウイルスが1万分の1ミリ、チェルノブイリ原発事故で飛散した放射性物質の大きさも同程度といわれる。そしてニオイの原因となる分子は100万分の数ミリ。ROはこれらより細かい目を持っているため、ほとんどの有害物質を除去できてしまう性能を備えていることになる。

 ここまで細かいと、水に溶け込んでいるミネラル分までろ過してしまうが、あえて含有量の少ない水のまま製品化することもある。「アルピナウォーター」がその一例で、水に含まれるミネラル量は1リットル中わずか1.05グラム。ちなみに水は、含有物が少ないほうが浸透性が高まり、お茶の抽出や炊飯に向いていることがわかっている。

RO膜は光学式顕微鏡では見えないサイズの不純物まで除去できる

RO膜は光学式顕微鏡では見えないサイズの不純物まで除去できる

 RO水を選んでいるユーザーの一人、50歳の高沢満江さん(仮名)は、こう話す。

「私は『アクアクララ』を5年ほど使っています。最初に使おうと思った理由は、店頭のデモでRO膜によるろ過がどれだけ安全な水を作り出すかという説明を受けたからです。そして、そこにミネラル分を追加して水がおいしくなるように工夫している点も好感が持てました」

 

 

「アルピナウォーター」を愛用している33歳の塚田恵理さん(仮名)は、同社のRO水の成り立ちに興味を持ったからだという。

「実はRO水は強力なフィルタリングをするので、原水はどんな水でもいいそうなんです。でも『アルピナウォーター』の場合は、もとの水自体が人里離れた地域の、地下深くから汲み上げたキレイな天然水とのこと。安全な水をさらにクリーンにしようという志がすごいと思いました」

 

 

 おいしさや安全性については天然水もRO水もどちらもユーザーから高い評価を受けているし、実際のところどちらが優れているかというのは単純には決められない。最終的には、ウォーターサーバーを導入しようとする人の感覚や好みによって決めることになるだろう。

 

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!