ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

みんなどうしてる? ウォーターサーバーを「水」で選ぶ方法


みんなどうしてる? ウォーターサーバーを「水」で選ぶ方法

 最近では、ウォーターサーバーは専門メーカーだけでなく、さまざまなジャンルの企業が参入し、ユーザー側の選択肢がさらに広がっている。水質、サービス、デザイン…など、各社とも独自色を打ち出しており、どれにしようか迷っている人も少なくないだろう。そこで今回は、実際のウォーターサーバーユーザーで、水そのものにこだわって決めた人の意見を集めてみた。

◆ケース1:直感で水の味にピンときて

 東京都の上野美咲さん(仮名)は、44歳の主婦。ウォーターサーバーを家庭で使うようになったのは1年前のこと。きっかけは職場だったという。

「仕事はスーパーのレジ打ちです。休憩室にウォーターサーバーがあることと、たまにウォーターサーバーの会社の方が来て店頭でデモを行っていたので、触れ合う機会はけっこう多くありました。なかなか便利でしたし、私が想像していたよりも料金がリーズナブルだったので、いずれ我が家にも入れたいと考えていたんです」

そこで上野さんは、休憩室に置いてあるのはどの会社のものか調べたり、デモに来た会社の販売員に個人的に質問したりして情報を集め始めた。そこで一番重視したのは「水の味との相性」だったという。

水との「相性」も選択のポイントのひとつ

水との「相性」も選択のポイントのひとつ

「どれもおいしい水だと感じました。でも『もしかしたら、もっと自分に合った水があるかも?』と思い、試飲できるときは積極的に味見させてもらいました。スーパーに来る業者も何社かあったので、その都度飲ませてもらったんです」

 上野さんによると、試飲した水の総数は7種類以上とのこと。その中から、自分がもっとも感覚的にピンときた水に決めることにした。

「家族の意見を聞くということはしませんでした。台所を預かる人間の舌で決めるのが一番だと思うからです。私の場合は幸い、いくつも飲み比べができでラッキーでしたが、ウォーターサーバー選びに迷ったら水の味と自分との“相性”を基準にしてもいいのではないかと思います」

 直感を信じたのがよかったのか、上野さんが選んだウォーターサーバーは、ご主人もお子さんも喜んで使っているという。

◆ケース2:水の産地で絞り込み

 東京都の渡辺百合さん(仮名)は現在26歳で、実家暮らし。ウォーターサーバーはご両親が昨年の春ごろに導入した。

「両親は以前からウォーターサーバーに興味があったようです。でも、冷蔵庫や電子レンジのように店頭で見る機会があまりなく、何を選べばいいか悩んでいたみたいですね。私がネットで検索してあげて、人気のありそうなウォーターサーバーから順に教えてあげました」

 しかし渡辺さんのご両親は、どれも似たような機能やデザインと感じたため、いまひとつ決めかねていたとか。そこで渡辺さんは、仕様を説明するのではなく、水そのものの違いならどうかと考えた。

「水の味については実際飲んでみないことにはわかりませんから、ミネラル分だとか水の産地だとか、そのあたりには違いがあるよと、話してあげたんです。父が特に興味を持ったのは水の産地のほうでした」

 ウォーターサーバーに使われている水の中には、おいしい水が流れている地域から採水されたものも少なくない。また、地域性を強く打ち出している水もある。渡辺さんは、各社のサイトに載っている採水地と、水の性質の部分をプリントし、ご両親に見せた。

水の産地に思いをはせる人もいる

水の産地に思いをはせる人もいる

「その中のいくつかが、父の故郷に近いエリアから採取された水でした。父は候補を3つくらいまで絞り、使い勝手やデザインと照合して最終的な決定を下しました。あまりにこだわるので、私と母は『もうどれでもいいでしょ』という気持ちになってきましたけど(笑い)」

 そうして渡辺さん宅にやってきたウォーターサーバー。早速飲んでみたご両親も渡辺さんも大満足。

「キリッと冷えた水など、父は『昔、井戸からくんで飲んだ水を思い出す』なんて言っています。もちろん、お茶やコーヒーをいれるときにも役立てています」

◆ケース3:ボトルのミネラルウォーターと比較

 埼玉県に住む39歳の田代郁子さん(仮名)も、水をキーポイントとして選んだ一人だ。

「水は日常的によく飲むほうで、いつもコンビニでエビアンなどのミネラルウォーターを買っていました。私がウォーターサーバーと出合ったのは、昨年10月のこと。近所の家電量販店でデモをやっているところに通りかかったときです」

 特に急ぎの用事もなかった田代さんは、ウォーターサーバーのデモを見学していくことにしたという。使い方を教わると同時に、デモンストレーターから「飲んでみてください」と、すすめられた。

「せっかくなので、いきなり飲み込むのではなく口の中で味わうようにしてみました。水道水のようなニオイがないのはもちろん、外国産のミネラルウォーターよりも優しい味に感じました」

いつも飲んでいる水と比較してみる方法も

いつも飲んでいる水と比較してみる方法も

 パンフレットをもらい自宅に戻った田代さん。水をおいしいと感じたことや、毎日ミネラルウォーターを買うことを考えたら、ウォーターサーバーを導入してもいいのではないかと思ったそうだ。

「すぐにネットで注文しました。私の場合は一種類の水しか飲んではいませんが、日ごろ飲んでいたミネラルウォーターよりも自分に合っているように感じたことが大きな理由です。いまではウォーターサーバーのお水をメインに飲んでいますね」

 * * *

 ウォーターサーバーを入れるにあたって、「どんな水なのか」は、やはり最大の関心事なのようだ。カタログでしか情報を得られない場合は、採水地周辺の水の情報などを調べてみるのもひとつの方法だろう。