人気の宅配水を徹底比較!

在宅時間増加のいま、熱中症予防のためのウォーターサーバー短期利用を「マーキュロップ」がローンチ!

在宅時間増加のいま、熱中症予防のためのウォーターサーバー短期利用を「マーキュロップ」がローンチ!

 そろそろ夏らしい、蒸し蒸しとした暑さが感じられる季節になってきた。そんな時期に、大切になってくるのが水分補給。ウォーターサーバーがあれば、自宅にいながらおいしい水を冷水でもお湯でもいつでもすぐに飲むことができる。このたび「マーキュロップ」では、手軽に水分をとってもらいたいということから「在宅応援 短期プラン」というサービスをスタートした。今回はその内容に注目してみたい。

◆2週間の短期でもほとんどのサーバーがレンタル可能

 この春先からの新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出の自粛が全国的に広まり、仕事も自宅などで行うテレワークが浸透し始めた。マーキュロップが6月5日から関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定で始めた「在宅応援 短期プラン」は、こうした情勢に合わせたサービス。同社のウォーターサーバーと「富士山の天然水」(12リットル入り)3本を、2週間から利用できるという。

 貸出し期間は希望により2週間~最長6週間まで可能となっており、利用料金はウォーターサーバーの設置・回収・送料まですべて込みで、期間の長さは関係なく7560円(税込み)。実施期間は8月31日までの申し込み分までを予定しているとのこと。しかもサーバー本体は、限定デザインモデルを除くすべての機種から選ぶことができる。キャンペーン商品としてスペシャリティコーヒー5杯分もついてくるので、家庭にいながら天然水を使ったコーヒーを即楽しむことも可能となっている。追加で水が必要となったときは、その都度オーダーをすればOKだ。

 一般的にウォーターサーバーをレンタルするときは、「お試し」であっても最短で1か月、正式に契約すると2年以上といった期間が設定される。また、中途解約で料金が発生することもあることから、実際に導入するまでに二の足を踏んでしまう人もいる。

 しかし「マーキュロップ」では、これから熱中症増加の季節を迎えるにあたり、とにかく手軽に水分を補給できる環境づくりが急務と考え、このサービス提供に至ったようだ。同社によると、外出をあまりしなかったり在宅での仕事が長引いたりすると、暑さに身体が慣れないまま夏を迎えることになるため、熱中症リスクが増大する懸念があるという。

「在宅応援 短期プラン」でレンタル可能なサーバー ※画像はプレスリリースより

「在宅応援 短期プラン」でレンタル可能なサーバー ※画像はプレスリリースより

◆医療崩壊を防ぐ意味も…

 熱中症については総務省の調べによると、2018年5月~9月までの救急搬送者数が全国で9万5137人、2019年同期間では7万1317人。こうした人数が病院にかつぎこまれることになれば、新型コロナウイルス患者も受け入れなければならない医療機関の機能がマヒする可能性がでてくる。新型コロナウイルスの感染症と熱中症は、ともに体温が高くなる傾向があるので即断ができないということを指摘する医師もいる。となると、夏場にかけて熱中症の増加が医療崩壊の引き金になることもあり得ない話ではない。

 こうしたことが、「マーキュロップ」が新サービスを開始した大きな背景となっている。ウォーターサーバーは、各社の調査でも夏場にニーズが大きいことがわかっている。同社の調査によると、「熱中症対策のために夏場だけ利用したいニーズ」に対して、短期レンタルを実施する会社は多くないとのこと。その理由は、企業側としては長期契約よりもコスト増となるからだ。同社でも通常は6か月契約からだが、今回は短期契約プランを提供することで熱中症による救急搬送を減らし、医療現場の負担軽減につながるという社会貢献に重点を置いたという。

 同社の水は、標高1030メートルという大自然の真っただ中にある山梨県の富士河口湖工場から供給されている。天然水の採水から充填まで、人の手や外気にいっさい触れることのないクリーンルームで行われ、非常に高度な生産管理態勢がとられているのも特長だ。現在は、外界からのウイルス持ち込みリスクをさらに低減するため工場見学ツアーを休止したり、現場スタッフ間も「3密」を避ける工夫を取り入れているそうだ。水自体は、1リットル中のマグネシウムやカルシウムといったミネラル分の量が24ミリグラムという軟水で、水質としてはスッキリ飲みやすい数値といえるだろう。

 配送関係についてもさまざまな配慮を行っている。緊急事態宣言が解除されても当面、スタッフのマスク着用、製品の納品時に除菌クリーナーなどでの拭き上げを必ず行うこと。また希望があれば、直接手渡ししない「置き配」もしてくれる。サーバーの新規設置やメンテナンスでは「非接触対応」といって、自宅内に入らず玄関先などで実施することにも対応しており、生産から納品までの徹底ぶりがうかがえる。

これからの季節、室内での熱中症にも注意!

これからの季節、室内での熱中症にも注意!

 熱中症は家の中でも起こることが知られているので、一歩も外へ出なくてもまめな水分補給は欠かせない。また、テレワークだけでなく感染症対策のために、今後もできれば少しでも外出の機会を減らしたいという人もいるだろう。熱中症は、自分の注意一つで回避することが不可能ではない症状だ。今回紹介した「マーキュロップ」の短期レンタルサービスは、これからのウィズ・コロナの時代にはまさにピッタリの新サービスかもしれない。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!