ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーの水で料理作り そのこだわり利用法を聞いた!


ウォーターサーバーの水で料理作り そのこだわり利用法を聞いた!

 いつでも気軽に、おいしくて安全な水を飲みたいという理由でウォーターサーバーを家庭に置くことにした人は多いだろう。ウォーターサーバーの水はそのまま日常的に飲むだけでなく、お茶をいれたりご飯を炊いたり、お酒の水割り用にしたりと使い道は幅広い。今回はそんな中でも、ウォーターサーバーの水を料理に使うことを主な目的として導入した人たちに話を聞いてみた。

◆こだわりの煮込み料理のため

 野田和美さん(仮名)は、55歳の主婦。お子さんたちも大学を卒業して独立したので、ご主人と2人暮らしだ。お子さんを学校に通わせていたときよりは、のんびりできるようになったという。

「時間ができると、いろいろと挑戦してみたくなるんですよね。子どもたちがいたころは食事の支度も洗濯も、とにかくスピードが必要でした。料理は極力、手作りを心がけてきましたが、じっくり煮込むようなものは全員がそろう休日でもないと、なかなか作れなかったんです」

 実は野田さん、料理をすることは大好きで、本当は凝ったものを毎日でも作りたかったとのこと。そこで、お子さんたちが家を出たのを機に、時間をかけて作るさまざまな料理を試してみることにした。

「煮込む料理は時間がかかります。また、自分でブイヨンを作ろうと思ったら、最低でも3時間は煮る必要があります。夫婦2人ですが、出汁のようなものは保存しておいて、子どもたちが帰ってきたときに凝ったスープやカレーを作ることができますから、無駄にはなりません」

 野田さんは「凝った料理を作るなら、水にもこだわらなければ」と考え、ウォーターサーバーを入れることにしたという。

「料理にもいい水を」と考える人は少なくない

「料理にもいい水を」と考える人は少なくない

「料理を通じて知り合ったフェイスブックの友人が、ウォーターサーバーを使っていたということも、理由の一つです。硬度が低い軟水が、出汁を取ったりご飯を炊いたりするには適していることは知っていました。友人の話では『水道水も軟水だが、時期によって硬度が変わることがある』とのこと。急に硬水になるほどの変化があるわけではないんですが、硬度も水質もブレないウォーターサーバーのほうがいいだろうと思いました」

 ウォーターサーバーを置くことにご主人は初めは難色を示したそうだが、なんとか説得。野田さんは「うるのん」のウォーターサーバーをオーダーした。

硬度が低すぎると出汁が出過ぎてしまうことを考えて、硬度29ミリグラムのうるのんにしたんです。実際に煮込み料理やスープ作りに使ってみたところ、水道水を使っていたころよりもおいしくなったと思います。導入までいろいろ言っていた夫も『なんか飯がうまくなったな』と、喜んでいます」

 野田さんがウォーターサーバーを使い始めて2年になるが、安定して自分の目指す味を出せることに満足しているとのことだ。

   

◆ラーメンのスープ作りに

 60歳の樋口健一郎さん(仮名)は、ご自分でも「変わった趣味の持ち主」と言う。

「私の趣味は『ラーメン作り』なんです。インスタントラーメンではありませんよ(笑い)、自作のラーメンです。もちろん食べるほうも好きですから、いろいろな店のラーメンも食べてきました。そんなことをしているうちに自分でも作ってみたくなったんです」

 樋口さんの興味の中心はラーメンスープだった。専門店で出すような味を再現することが目標で、まずは寸胴鍋や湯切りのざるなどの道具をそろえた。

「ラーメンのスープを作るには、鶏がらや豚の骨、野菜などの材料を煮込む必要があります。幸い、仲良くなったラーメン店の店主がいたので、材料やコツなどをレクチャーしてもらいました。そこで言われたのが“水”についてでした。そこのラーメン店では業務用の水を入れていたのですが『個人でやるのなら、出汁が出やすい軟水がいい』と言われました」

 水の硬度について樋口さんはよく知らなかったが、マグネシウムとカリウムの含有量が少ない水ということを知った。

ラーメンなどのスープ作りにも軟水が適しているといわれる

ラーメンなどのスープ作りにも軟水が適しているといわれる

「国産のミネラルウォーターには、硬度がかなり低い軟水のものが多いそうですが、いちいちボトルのミネラルウォーターを買うのは面倒だなと思いました。いろいろ考えていたところ、妻からウォーターサーバーを提案されました。というのも、妻から『スープ作りは臭うから、煮込みは自宅の”離れ”でやってくれ』と言われていたんです」

 樋口さんの自宅は農村部で隣家と距離があるため、近所への影響は少ないのだが、奥さんは家の中では困るという意見。樋口さんは、物置としても使っている小さな建物でスープ作りをすることにし、ウォーターサーバーはそこに置くことになった。

「水も材料も私の小遣いでまかなうことにしました。ウォーターサーバーは『アルピナウォーター』です。スープ作りはなかなか難しく、別にまずいわけではないんですが、思った味への道のりは長そうです。ウォーターサーバーの水はスープ用としてだけでなく、作業の合間に一息ついたときに飲むと格別ですね!」  

 

 * * *

 ウォーターサーバー利用者の声を聞いてみると「飲む水」としてだけでなくさまざまなシーンで「使う水」として生活に取り入れている人が少なくない。せっかくの安全安心で良い水、飲む以外にもどんどん積極的に活用したいものだ。