ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

【メーカーレポ】炭酸水が作れるウォーターサーバー「キララ」の美と健康へのこだわりがスゴイ!

【メーカーレポ】炭酸水が作れるウォーターサーバー「キララ」の美と健康へのこだわりがスゴイ!

 ウォーターサーバーの利点は、「熱いお湯と冷たい水」がいつでもすぐに出せることで、これは、ほぼすべてのサーバーに基本機能として備わっている。しかし「キララ」のウォーターサーバーには、もう一つ特筆すべき機能がある。それは「炭酸水」が作れること。他社にはほとんど見られないこの機能を搭載したのはなぜか? そこには「キララ」ならではのこだわりがあった。

◆富士山ならではのミネラル成分と炭酸水機能に注目!

「キララ」は、「株式会社MTG」のウォーターサーバーブランド。美容に関心の高い人なら、会社名に覚えがあるかもしれない。低周波で腹筋を鍛える「SIXPAD」や、美容機器×化粧品の「ReFa」、マドンナプロデュースのスキンケアブランド「MDNA SKIN」などを開発・販売している。そのため、美容関連の専門メーカーという印象が強い人もいるだろう。

 実は「キララ」のウォーターサーバーは、2004年から「宅水便のキララ」としてサービスが開始された。「ReFa」の発売が2009年のため、ウォーターサーバーのほうが美容関連商品よりも歴史は古い。当初は東海地域での展開が中心だったが、2017年に「キララ」へリブランディングをはたし、全国展開をスタートさせた。

 同社のキララ事業本部・山藤柚季さんは、こう話す。

「当時、すでにいろいろな宅配水の会社が出てきていました。『キララ』はMTGブランドとして“美と健康”を、基礎からサポートするサービスを目指しました。美容意識の高い方や住環境を豊かにしたい方へ、ひとつ上のライフスタイルを提案すべくデビューしたのです」(山藤さん、以下「」内は同)

 健康的で安全な水ということで選ばれたのが、富士山の水だ。天然の水にはさまざまなミネラルが溶け込んでいるが同社が注目したのは、富士山の水ならではの特性だ。

「富士山周辺の地下水にはバナジウムやシリカといったミネラルが豊富に含まれていて、これが特長となっています。特にシリカはコラーゲンの生成に関係するミネラルで“体の中からキレイになろう”という、『キララ』のコンセプトに合っていたんです。水は人間の体の60%を占めますから、水選びは非常に重要でした」

標高1030メートルに位置する「キララ」の富士山工場

標高1030メートルに位置する「キララ」の富士山工場

 コラーゲンは肌や骨を作るために必要な物質だ。これを生成するミネラルを日常的に摂取できる水を求めたということになる。そしてこの安全でクリーンな地下水は、富士山の標高1030メートルという高地からくみ上げられている。ここまでの高さになると、工場や人家といった水や土壌を汚すおそれのある施設はまったくない。また、工場は「HACCP」という厳しい食品衛生基準を元に設計された。

「美と健康というコンセプトを形にするため、炭酸水が作れる機能もつけました。炭酸水を活用した健康法などの情報が広く知られるようになり、若い世代にも支持を得ています。また、炭酸水を自宅でいつでも手軽に作れることは、食生活のバリエーションが広がります。炭酸水は料理にも使えますから。この炭酸水機能は、他社と大きく違う『キララ』の最大の特長です

「キララ」の炭酸水は、ビールサーバーのように蛇口から炭酸水が出てくるわけではない。専用のシェーカーにウォーターサーバーの水を入れ、そこに炭酸ガスを注入する。これをシェイクすることで、水と炭酸ガスが混ざり、炭酸水となる。

「シェーカーを振る回数で、炭酸の強さを変えられます。4~5回なら微炭酸、10~20回振ればハイボールなどに適した強めの炭酸水になります。シェーカーで作ることの利点は、必要な分だけ作れることです。市販の炭酸水は保管しておくと気が抜けてしまいますが、『キララ』の炭酸水なら無駄になりません

 親子で楽しみながらオリジナル炭酸ジュースを作ることができるといった、ユーザーの喜びの声も多いそうだ。ファミリー層からの評価も高いことから、2018年の「ペアレンティングアワード」(人気育児雑誌6誌が選ぶ子育てトレンド)の「モノ部門」を受賞している。

「炭酸水を使ってできる料理のレシピ冊子やメールマガジンなどで、炭酸水をより活用していただくための提案も、随時行っています」

機能的に配置された「キララ」の注ぎ口部分。向かって右の小さなノズルから炭酸ガスを入れているところ

機能的に配置された「キララ」の注ぎ口部分。向かって右の小さなノズルから炭酸ガスを入れているところ

◆薄型でスタイリッシュな本体デザイン

 また「キララ」のウォーターサーバーの特長は、炭酸水を作る機能だけではない。実際に見て触れてみると、サーバー本体の薄さに驚く。

「室内を圧迫しないように、サイズにこだわったんです。一般的な床置き型のウォーターサーバーは、40~50センチの奥行を必要としますが、『キララ』のサーバーはその半分以下と非常にスリムです。水を出す部分もコックをひねるのではなく、ボタン式にしています。カラーもお部屋に合わせられるよう、ホワイト、ピンク、ブラックから選べるようにしました」

 直線的な部分と曲面を使ったデザインは、インテリアにこだわる人たちにも好評とのこと。実際、「ルームクリップ」というインテリアの画像投稿・共有サイトでも、「キララ」のウォーターサーバーを設置した部屋を投稿するユーザーが散見される。

 本体を薄型にしたために、ウォーターパックの容量は7.2リットル。従来のウォーターサーバーのボトルと比較すると小さいほうだが、これも力の弱い人でもラクに交換ボトルを持てるようにとの配慮だ。また、小さなスペースに内部を自動的に清掃するオートクリーン機能を搭載し、いつでもキレイで安全な水が飲める工夫もされている。

水ボトルの部分がLEDの光でライトアップされるのも「キララ」の特長

水ボトルの部分がLEDの光でライトアップされるのも「キララ」の特長

「キララでは“水を選ぶことは、生き方を選ぶこと”と、考えているんです。水の質も炭酸水機能もデザインも、そうしたひとつ上のライフスタイルの提案が軸になっています」

「キララ」は販売の面でも特長がある。常設のショップがあるのだ。一般的なウォーターサーバーは、ショッピングモールや家電量販店で実演販売を行うことが多く、ユーザーがいつでも直接触れられる常設店を構えているケースは珍しい。

「名古屋地区を中心に、百貨店の店内に設置しています。実際に触って飲んでいただき、ご質問に答えたり、アフターサービスを受け付けたりしています。そこで『キララ』の魅力を感じていただけたら幸いです」

 富士山の天然水と炭酸水で美容と健康に貢献しようとする姿勢だけでなく、ユーザーのライフスタイル全般の充実を重視したウォーターサーバー作りが、「キララ」の最大の魅力といえるかもしれない。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!