人気の宅配水を徹底比較!

【メーカーレポ】人気の富士山の水を低価格で! イワタニのウォーターサーバー「富士の湧水」に注目

【メーカーレポ】人気の富士山の水を低価格で! イワタニのウォーターサーバー「富士の湧水」に注目

「岩谷産業」と聞くと、カセットコンロを思い浮かべる人は多いのではないだろうか。ガス関連では1930年から製造や供給を幅広く行ってきたが、2003年からはガスと並ぶ生活物資である「水」を取り扱ってきた。では、そんなライフラインにかかわる老舗企業のウォーターサーバーとは、どういったものなのだろうか? 同社を訪れてみた。

◆パックに詰める際にも高温のまま充填

 富士山は日本一の標高や世界的な人気スポットというだけでなく、多くの大自然の恵みをもたらす山としても知られている。中でも富士山が生み出す水は良質で、下流には静岡県の柿田川湧水など、名水に選定されているところも多い。富士山に降った雨や雪は、玄武岩という岩の層によって何年、あるいは何十年という歳月をかけてろ過され、ミネラルがバランスよく溶け込んだ天然水となるからだ。

 岩谷産業の「富士の湧水」は、そんな富士山からの水を楽しむことができるウォーターサーバー。富士山の水は、さまざまな形でミネラルウォーター製品として市場に出ているが、「富士の湧水」には同社ならではの特長があるという。

「まず知っていただきたいのは、お水のおいしさです。採水地は富士山周辺でも特に自然環境の保全を厳しく指定されている『富士山景観形成地域』内にあります。製造工場があるのは標高950メートル地点で、そのまわりには水に悪影響を与えるようなものはありません。そこからくみ上げた水はとてもクリアで、硬度が24ミリグラムという、飲みやすくミネラルバランスもいい水質なんです」(岩谷産業西日本営業部担当部長・阿部周作さん 以下「」内は同)

 水の硬度とは、1リットル中に含まれるマグネシウムやカルシウムの量によって決まる。WHO(世界保健機関)の基準では、120ミリグラム以上が硬水となり、少ないほど軟水の度合いが強まる。軟水の特長は、茶葉や食品への浸透性がよく、お茶や煮物に向いていることがあげられる。また、ミネラル特有の渋みや苦みが少なく味がまろやかと評されることも多い。さらに富士山からの水には、バナジウムというミネラルが豊富であることもポイントだ。

 もとの水が良質でも飲み水として提供するためには、安全に処理をしなければならない。が、そこにも同社ならではの工夫があるとのこと。

「くみ上げた水は、ろ過による除菌を行います。これらは多くのメーカーが採用していると思いますが、『富士の湧水』では、食品衛生法と同等の基準の加熱殺菌後、高温のまま充填を行い、パック内を清潔に保ちます。パックは一見、ビニールのように見えるので熱いお湯を入れて大丈夫なのかと思われるかもしれませんが『低密度ポリエチレン』という耐熱性に優れた素材なんです。これは点滴パックにも使われています。水に樹脂のニオイが移りにくい特性もあります」

 より安全で安心して飲める水を追究した結果、この素材を用いたパックに行きついたという。これにより12か月の長期保存が可能になった。工場は、製薬工場レベルの安全性で設計されているというから驚きだ。

配送用段ボールを切り開くとDパックはこのように収まっている

配送用段ボールを切り開くとDパックはこのように収まっている

 また、PET樹脂製のペットボトルよりゴミが少なくてすむ特長もあり、環境保全にも一役買っている。

「プラスチック廃棄物による海洋汚染を課題とした2019年6月のG20大阪サミットでは、ゴミの少ないウォーターサーバーとして、各国の代表に試用していただきました」

 同社は使い終わったらそのまま捨てられる「ワンウェイ方式」を採用している。最終的に処分されるゴミを少しでも減らそうという、時流に乗ったシステムといえるだろう。この方式を「ディスポーサブル」の「D」をとり、「Dパック」と名付けている。

◆クリーン機能搭載で低価格を実現

 おいしい水を安全に飲んでもらうために、ウォーターサーバー本体にもこだわった。

「サーバーは自動で高温の水を循環させて、一般細菌の繁殖を抑えるようになっています。内部クリーンを行っている間はサーバーを使うことはできないのですが、マイコンを内蔵しており、あまり使わない時間を覚えて、その時間に作動するようになっています。この機能を搭載したことで通常のメンテナンスは不要となり、5年間安心してお使いいただけます。そして弊社のサーバーはすべて日本国内で製造されたもの。メンテナンスや部品の調達の面でも不安がないと思います」

 温度の切り替えは4段階。冷水は6~12度、弱冷は12~16度、温水は80~89度、高温は90~93度となっている。冷たすぎない水が欲しいときなど、弱冷モードはありがたい。また高温ならば、カップ麺などを作るときにも便利だろう。

「使い勝手を考えて、本体上部にタッチパネルを配置しました。初めて使う方や文字が読みづらいという方のために、ボタンに大きめのアイコンを描いてあります」

アイコン表示で使いやすいインターフェースと内部クリーン機能が特長

アイコン表示で使いやすいインターフェースと内部クリーン機能が特長

 12リットル入りの水のパックは1個あたり1645円(税込み)で、消費ノルマはない。サーバーのレンタル料金は、月々838円(税込み)。自動クリーンモード付きのサーバーのレンタル料金としては業界でも最安クラスだ。

「販売拠点は沖縄を除く46都道府県にあり、プロパンガスのインフラを持つグループが連携して、サーバーの設置・水の配送まで行っています。ワンウェイ方式で自社配送が実現できているのは現在、弊社だけで、これも価格の低減の追い風になっています」

 水のボトルを回収する必要のないワンウェイ方式は、一般的には外部の宅配業者に依頼することが多いが、その分、コスト高になる可能性がある。運送料金が上がれば、それだけユーザーの負担に跳ね返ってくる。

「自社配送の場合は、ご要望やトラブルの対応も迅速にできます。お客様の『顔が見える』点が、イワタニの大きなメリットだと思っています」

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!