ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーが来てウチの生活こんな風に変わりました!

ウォーターサーバーが来てウチの生活こんな風に変わりました!

 ウォーターサーバーは、おいしくてクリーンな水を、冷水でもお湯でも手軽に好きなだけ使える点がメリットだ。家庭に導入したことで、飲み物や食べ物に対する意識が変わるケースも少なくないようだ。ところが、「ウォーターサーバーを使うようになって、実はこんな意外なところまで変化があった」という声も…。そこで、そうしたユーザーに、どのような点が変わったのか具体的に話を聞いてみた。

コスモウォーター

◆水を節約するように…

 36歳の仁科久子さん(仮名)は、ウォーターサーバー歴1年。「アクアセレクト」を使っている。

「最初は『水を別に買うなんてぜいたくかな?』と思ったんですが、子どもが小学生なので、健康にもっと気をつかってもいいと考えました。そこで日々の飲料水や料理用として、ウォーターサーバーを入れることにしたんです」

 ウォーターサーバーを選ぶにあたり、サーバーのレンタル料金と水の配送料がかからないものにしようと考えたという。

「そうは言っても、水のランニングコストはかかります。もちろんそのあたりは納得していますし、なんといっても家族の健康のために必要なものですから。そこで私が考えたのがほかの部分での『節約』でした。同じ水でも、お風呂の残り湯を洗濯や洗車、庭の水まき用に使ったり、水道の蛇口はこまめに閉めることを家族にも徹底させたり…。電気のコンセントも、使わないときはスイッチを切っておけるものに替えたりしました」

ウォーターサーバーで節水の意識が高まることも

ウォーターサーバーで節水の意識が高まることも

 仁科さんの節約に工夫をこらす精神はご家族にも伝わり、いつの間にか浸透していったとのこと。

「ケチケチするということではないんですよね。こうしたことはエコにもつながるわけですから、子どもの教育にも良かったかなと思っています。ウォーターサーバーがあってもなくてもやるべきことだと思いますが、私の場合は水を別に購入するということがいいきっかけになったみたいです」

 節約意識も身につき、仁科さんのお宅では、ウォーターサーバーの水のランニングコストはかかっていても十分元は取れているそうだ。

 

 

◆冷蔵庫のスペースがあいた

 峰岸美奈子さん(仮名)は、32歳。水にはこだわりがあり、仕事に行くときも遊びに行くときも必ずお気に入りのミネラルウォーターを持ち歩くことを習慣にしてきた。

「学生時代からそうしてきたので、もう10年以上になりますね。コンビニで買うこともありますが、ディスカウントショップやホームセンターに行くと定価の7~8割くらいの値段で買えることもあるので、買いだめもよくしていました」

 ミネラルウォーターは、500ミリリットル入りのペットボトルを持ち歩くこともあれば、2リットルサイズの水をマイボトルに詰め替えて出かけることもあったという峰岸さん。

「大きいペットボトルに水が残っている場合、冷蔵庫で保管します。夏場は冷たい水が飲みたいので未開封のものも何本か入れておくわけですが、冷蔵庫の容量を圧迫してしまうのが悩みの種でした」

 峰岸さんは3か月ほど前、知人のすすめで「プレミアムウォーター」のウォーターサーバーを導入した。水の味が今まで飲んできたミネラルウォーターに近かったことと、長い目で見たらペットボトルの水を買うより安くなりそうだと感じたからだ。

「わざわざペットボトルを買いに行かなくても、届けてもらえるのも助かりますね。冷たい水もお湯もすぐに出ますし。これを保温の利くマイボトルに入れて外出するようになりました。中でも一番変わったのは、冷蔵庫のスペースがあいたことです(笑い)。しかも、これがきっかけとなって、冷蔵庫の中をよく整理するようになりました

 水を買う手間ひまや冷蔵庫が有効に使えるようになったこと、冷蔵庫をキレイに整理する習慣がついたことで峰岸さんは、生活の質が向上したのではないかと考えている。

 

 

◆グラスにこだわるように…

 大学生の宮崎沙織さん(仮名)は、両親とお兄さんの4人家族で暮らしている。ウォーターサーバーは、母親が1年ほど前に自宅に置くことを決めたという。

「母はときどき新しい家電などを買いたがります。ウォーターサーバーもどこかで見て、興味を持ったようです。特に『安心』とか『おいしい』とかそういった言葉に弱いんです(笑い)」

 宮崎さんのお宅に設置されたのは「キララ」のウォーターサーバー。家族みな、日常の飲料水として愛飲するほか、お茶をいれるときも必ず使うようになった。

 2~3か月したころ、宮崎さんは食器棚を見ていてあることに気がついた。

水に合わせてオシャレなグラスを用意するのも楽しみ

水に合わせてオシャレなグラスを用意するのも楽しみ

「食器が増えていたんです。それもグラスとカップの種類が、どう見ても家族の人数に見合わない数になっていました。母に聞いたら『おいしい、いい水にしたら、それに見合うグラスをそろえたくなったのよ』ということでした。どこで買ってきたのか、長崎ガラスや琉球ガラスのものもありました」

 やや値の張るものもあったため宮崎さんは最初は驚いたというが、それらのグラスがテーブルを彩っているのを見て、気持ちが弾んだとのこと。ウォーターサーバーがなければ起こり得なかった生活の変化といえそうだ。

 

 

 * * *

 ウォーターサーバーは、おいしくて安全な水をいつでも手軽に使える。なにげない日常生活をより豊かにしてくれるツールではあるが、それ以外にも思わぬところでユーザーの意識に変化をもたらすものなのかもしれない。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!