ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーの水を携帯したい人は注目! 最新ボトル洗浄グッズ

ウォーターサーバーの水を携帯したい人は注目! 最新ボトル洗浄グッズ

 ウォーターサーバーの水を家庭で飲むだけでなく、マイボトルに入れて持ち歩く人は少なくない。水をそのまま入れるほか、お気に入りのお茶やコーヒーにして詰めていくという話も聞く。しかし、毎日のように使っていればボトルの内部は汚れていく。おいしくてクリーンな水を、いつも変わらず楽しむために必要なのが定期的なボトルの「洗浄」だ。そこで今回は、ホームセンターなどで人気のボトル洗浄グッズを探してきた。

コスモウォーター

◆マイボトルを清潔にしておくべき理由

 ウォーターサーバーはメーカーによるメンテナンスがあったり、自動洗浄の機能があったりと、衛生面についてはそれぞれ工夫がある。いつもクリーンで安全な水が飲めるのは、そのおかげだ。水そのものも、有害物質と無縁な地下からくみ上げた天然水を処理したものや、100万分の1ミリレベルのフィルターを通して精製したRO水などが使われている。

 そのまま飲むにあたり非常に安全性が高いウォーターサーバーの水だが、別の容器に移した場合、水道水よりも水の保管に注意する必要がある。それは、消毒用の塩素が含まれていないためだ。

 安全を維持するポイントの1つは、できるだけ容器を清潔に保っておくこと。家庭内でウォーターサーバーの水を飲むのに使うグラスやマグカップは、基本的に洗いやすい形をしている。だが、持ち歩くボトルや水筒となると口径よりも中が広い構造になっており、注ぎ口も手がやすやすと入るような大きさでもない。すみずみまでキレイに洗うことは難しい形状といえる。

 ところが、こうした悩みを解消してくれる便利なものがある。ホームセンターで、そんなお役立ちグッズを調べてみた。

◆化学反応で茶渋も落とす

 携帯用ボトルの中でも、保温タイプのものはステンレスで作られていることが多い。また、スチールっぽい外観のオシャレさからステンレス製を選ぶ人も多い。このタイプのボトル洗いに特化した洗浄グッズが、サーモスの「マイボトル洗浄器」だ。ホームセンターで食器売り場を担当するAさんは説明する。

「ボトル洗いというと洗剤とスポンジをイメージするかもしれませんが、この洗浄器はまったく違う方法で汚れを落とします。その秘密は『電気』です。ボトルの中に専用の酸素系漂白剤と水を入れ、洗浄器をセットします。そして電気を流すと、ボトルの内壁と茶渋などの汚れの間で化学反応が起こるのです。これにより汚れは、はがれ落ちていきます。洗剤で落ちにくい汚れもキレイにしてくれますよ」(Aさん、以下「」内は同)

 洗浄にかかる時間は約3分。洗浄器を外したら、水でよく洗い流せば完了だ。ただ、使用できるボトルのタイプには条件がある。容量800ミリリットル以下で、口径7センチ以下、注ぎ口部分がプラスチックなどで覆われていないサーモスのステンレスボトルであることだ。樹脂製ボトルには対応していない。

サーモス「マイボトル洗浄器」(参考価格2000円前後)

サーモス「マイボトル洗浄器」(参考価格2000円前後)

「同じステンレスでも他社製品では金属の質が異なることがあり、うまく汚れが落ちない可能性もあるので避けた方がいいでしょう」

 使い方は非常に簡単で時間もかからないので、サーモスの対応ボトルを持っている人は用意しておきたい洗浄器といえる。

◆手が届きにくい部分を洗えるスポンジ

 一方、もっと汎用性が高いボトル洗浄グッズもある。

「マーナという、キッチンまわりの製品を多く手がけているメーカーから、洗いにくいボトルに対応したものが発売されています。オススメなのは2つあります。まず1つ目は『マイボトル・水筒洗い』という製品。柄付きの食器洗い用スポンジのようなものですが、先端がLの字のように直角に曲がっています。これにより、底面と壁面の角を洗いやすくしています」

 この先端をうまく使えば、確かにボトル内部のくびれた部分にも届きそうだ。指で無理に洗おうとするよりも、しっかり力をかけることもできる。

「もう1つは『ペットボトル洗いビーンズ』です。枝豆のような形をしたスポンジで、これをボトルや水筒に水と洗剤とともに放り込んでシェイクするのです。本体には適度な硬さと重さがあるので、容器のあちこちに当たって汚れを落としてくれます。特に水筒のような口が狭いものにはとても有効だと思います」

左/マーナ「マイボトル・水筒洗い」(参考価格500円前後)、右/「ペットボトル洗いビーンズ」(参考価格500円前後)

左/マーナ「マイボトル・水筒洗い」(参考価格500円前後)、右/「ペットボトル洗いビーンズ」(参考価格500円前後)

 洗いにくい容器は洗剤につけ置きしたり、洗剤を入れて振ったりすることがあるが、このビーンズを併用すれば、もっと効率よく汚れを落とすことができるだろう。

◆セラミックの粉末が汚れを落とす

 洗浄とは別のアプローチからの製品もある。

「その名も『水筒・ステンレスボトルフリフリ洗い』というクリーナーがあるんです。この粉末状の製品と水をボトルに入れてシェイクします。汚れが落ちたと思ったら、流しに捨てて水洗いします。いわゆる洗剤や漂白剤と違う点は、微細なセラミックを使っていること。ソフトセラミックスというもので、スポンジ状のミクロの穴があり、汚れやニオイを吸着するんだそうです」

アスト「水筒・ステンレスボトルフリフリ洗い」(参考価格500円前後)

アスト「水筒・ステンレスボトルフリフリ洗い」(参考価格500円前後)

 洗剤のような感覚で使えるのは確かに便利。後始末も簡単だ。

 * * *

 マイボトルに汚れが残っていると、材質の劣化や雑菌の繁殖を招くことがある。ウォーターサーバーのおいしい水を、いつもキレイで安全に楽しみたいなら持ち歩き用の容器の洗浄には気を配りたいものだ。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!