ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

置き換えよりも健康的?「○○水ダイエット」を紹介


置き換えよりも健康的? 「○○水ダイエット」を紹介

 人間が生きていくために絶対に欠かすことができないのが水。どんな形であれ、誰しもが毎日水分を摂取しており、水分が欠乏すると間違いなく体の機能が変調をきたす。そんな絶対不可欠な水だからということなのか、水に関するダイエット法が数多く存在している。

 水に関するダイエットの多くは“◯◯水ダイエット”といった感じで、水に何かを加えたものや、水に簡単な加工を施したものを、毎日一定量飲むというものが多い。ダイエットに詳しい健康ジャーナリストA氏はこう話す。

◆ダイエットだけでなく体質改善にも

「ダイエットというと、いわゆる“置き換えダイエット”がもっともポピュラーです。つまり、普段の食事の代わりにダイエット食品を摂取するというものです。その多くが1日1食程度をダイエット食に置き換えるというもので、過剰なカロリー摂取を防ぐという効果があります。あと、ダイエット食品ではなく特定の食材のみを食べるというダイエット法もあるのですが、こちらは栄養が偏りやすく、食の楽しみも奪われるので、継続しにくいですね。

 そして、“◯◯水ダイエット”は、置き換えダイエットとも食材ダイエットとも違うタイプです。つまり、食事を“◯◯水”に置き換えるのではなく、毎日一定量の“◯◯水”を摂取するという方法のものが多いです。もちろんある程度の食事制限を行ったほうが効果が出るのですが、必ずしも食事と直結していないのが“◯◯水ダイエット”で、空腹感と戦うようなこともないので、比較的継続しやすいと思います」(A氏、以下「」内同)

 通常のダイエットとはちょっと趣が違うという“◯◯水ダイエット”だが、具体的にはどういう効果があるのだろうか。

「もちろん、どんな水を飲むかによって、効果も変わってくるのですが、その多くが血行が良くなったり、代謝が良くなったりといったようなことが期待できますね。体質改善につながることもあるようです。なので“ダイエット”というよりは、“健康法”に近いのかもしれません」

 それでは代表的な「◯◯水ダイエット」を紹介していこう。

◆叶姉妹も実践!「レモン水ダイエット」

 まずは、「レモン水ダイエット」。その名の通り、レモン汁が入った水を飲むというダイエット法。過去に、モデルのミランダ・カーが実践しているとインタビューで答えたこともあり、日本でも大きく広まったとされる。また、叶姉妹も肉などのこってりとしたものを食べる前には、レモン水を飲んでいるという。

食事の前にレモン水を飲むという叶姉妹

食事の前にレモン水を飲むという叶姉妹

「特に決まった方法があるわけではなく、実践する人それぞれなんですが、基本的に1日数杯のレモン汁を絞った水を飲むという方法が多いです。その目的は、脂肪や糖質の吸収の抑制ですね」

 レモンにはポリフェノールが多く含まれているのだが、このポリフェノールが脂肪や糖質の吸収を抑える役割をしているのだ。

 しかもレモンに含まれるペクチンという食物繊維には整腸効果があり、便秘解消にもつながるとのことで、体重を減らすためのいろいろな効果がありそうだ。飲みたいときにいつでも手軽に美味しいレモン水が作れる…という点では、家庭用ウォーターサーバーがあればさらに便利かもしれない。

◆女性に人気の「デトックスウォーター」

女性に人気の「デトックスウォーター」

 次は「デトックスウォーター」。これは、ガラス製のジャーにフルーツや野菜、ハーブなどを入れて、そこに水を注ぎ、冷蔵庫で数時間冷やしたものを飲むというダイエット法。食材から水溶性の栄養素がしみ出るので、ミネラルなどを摂取しつつ、水分補給ができる。

 この「デトックスウォーター」の効果は、もちろんどんな食材を使って作るかによって異なってくる。たとえば、いちご、オレンジ、グレープフルーツには、前述のレモンと同様にポリフェノールが含まれており、脂肪・糖質の吸収を抑える効果がある。また、キウイやパイナップルであれば、タンパク質分解酵素が多く含まれており、消化を助けるといわれている。

 飲み方としては、起床後に1~2杯と就寝前に1~2杯を飲むという方法が一般的だが、毎食前に1杯飲むことで、脂肪・糖質の吸収抑制効果を見込みつつ、ある程度の満腹感を得るという方法も。

 また、注意しなければならないのが、作ってからあまり時間を置かずに飲みきるということ。衛生面に気を使っていても、ジャー内で菌が繁殖してしまう可能性は高いのだ。目安としては作ってから24時間以内に飲みきるべきで、冷蔵庫での保存は必須だ。

◆空腹を紛らわす「炭酸水ダイエット」

空腹を紛らわす「炭酸水ダイエット」

 そして、一時期話題にもなったのが「炭酸水ダイエット」だ。このダイエット法の効果は、ほかの“◯◯水ダイエット”とは少々異なる。

「炭酸水を飲むと、胃の中で膨らむ感覚がありますよね。あれが何よりの効果なんです。満腹感が得られるので、自然とご飯を食べる量が少なくなり、過剰なカロリー摂取を防ぐことができるというわけです。たとえば、ちょっとお腹が空いてお菓子でも食べたいなっていうときに、炭酸水を飲むことで、空腹を紛らわせるということもできると思います」

 満腹感以外にもいろいろな効果もあり、たとえば、炭酸ガスが胃腸の粘膜を刺激し、整腸効果が見込めるともいわれている。さらに、血液内の炭酸ガス濃度が高まると血管が拡張し、血行が促進。体温も上昇し、代謝が良くなるといわれている。そのほかに、血行が良くなることで、肌の新陳代謝も促進され、美肌につながるという説もあり、「炭酸水洗顔」という美容法も有名だ。

 水に関する様々な“◯◯水ダイエット”。その効果や方法は様々で、もちろんすべてが完全に効果があるというわけではない。とにかく、自分のライフスタイルに合ったものを見つけ出し、実践することこそが重要なのだ。