ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

ママさんたちに聞く 突撃!となりのウォーターサーバー


ママさんたちに聞く 突撃!となりのウォーターサーバー

 年々注目を集め、需要も高まっている家庭用ウォーターサーバー。いまやメーカーも数多く存在し、さらに一つのメーカーの中でも様々な種類のサーバーがある。では、いったいどこを基準に自分に合ったウォーターサーバーを選べばいいのだろうか?

 そこで、今回は実際にウォーターサーバーを愛用している2人の主婦にその商品を選んだ理由や、実際に使用してみて感じていることなどを聞いてみた。

◆子供がいる家庭はチャイルドロックがマスト

 まず一人目は、東京都に住むH実さん(34歳)。金融系会社に勤務している36歳のご主人と、3歳の娘さん、生後4か月の息子さんの4人家族で、月に72リットル注文しているという。H実さんが使用しているのは株式会社トーエルが販売している「アルピナウォーター」

「5年前からウォーターサーバーを使用しています。もともと、水道水の味が苦手なので、飲み水と生活水は分けていました。ペットボトルのお水だと何本も消費するからゴミが多くなってしまうのが嫌で…。浄水器もありますけど、やはり安心でおいしいお水を選びたいのでウォーターサーバーを使用しています」

 安心とおいしさを求めた結果がウォーターサーバーだったというH実さんだが、「アルピナウォーター」を選んだ理由は?

「当時はガロンボトルがインテリアとしてオシャレだと思っていたので、それがきっかけで、ウォーターサーバーの購入を検討し始めました。『アルピナウォーター』を選んだのは会社の名前を知っていたので。病院やエステなどの美容施設でも『アルピナウォーター』を見たことがあったので、安心感もありましたね。途中で他社への乗り換えも考えましたが、費用面を比較して、安価である現在のものを継続的に使用しています」

H実さん宅のウォーターサーバー

H実さん宅のウォーターサーバー

 H実さんはガロンボトルをウォーターサーバーの代表的な形というイメージを持っていたので選んだという。ウォーターサーバーにも様々なデザインやサイズがあるので、自分の好みや自宅の雰囲気にあったデザインを選ぶのも楽しみの一つかもしれない。

「お湯がすぐに使えるのがいいですね。実際に、コーヒーなど温かいものがすぐに飲めますし、冷たい水も冷やし忘れがなく好きなだけ飲めて便利です。粉ミルクにもすぐに使えるので、家族の中でも4か月の息子のミルクに一番使用しています。買い物の時もペットボトルのお水を買う必要がないので、荷物が軽くなって、大変助かっています」

 忙しい育児の中で赤ちゃんのミルクを作る際に「お湯を沸かす」という一手間がなくなるのは大きいようだ。最後に、これからウォーターサーバーの購入を検討している人へのアドバイスを聞いた。

「最近のサーバーはデザインもスタイリッシュなくものが多く、水の種類も多いのでよく調べて選んでください。現在、インテリアにマッチするようなオシャレなサーバーが気になるものの、他社への変更が面倒に感じ重い腰をあげられないでいるので、初めて購入される際はデザインで気に入ったものを選ぶといいと思います。また、子供がいる家庭はチャイルドロック機能があるかを確認することをオススメします。子供ができてからは特に使用頻度が増え、お湯を沸かすなどちょっとした手間が省けて時短になりました。子供がいる家庭で迷っている方にはぜひオススメします」

 チャイルドロック機能とは、小さい子供のいたずらや、やけどの危険性を配慮し、子供が触ってもロックがかかってお湯や水が出ないというもの。時短や安全性を配慮したウォーターサーバーはママさんには救世主といえるだろう。

   

◆スタイリッシュな黒いウォーターサーバーを愛用

 続いては、東京在住の専業主婦K子さん(35歳)から話を聞いた。38歳の税理士のご主人、2歳になる男の子と3人家族だ。

 K子さんが使用しているウォーターサーバーは全国13万世帯の家庭で使用されているという株式会社TOKAIが販売する「うるのん」。そもそも、K子さんはなぜウォーターサーバーを使用するようになったのだろうか?

「ウォーターサーバー歴は4年目になります。我が家では12リットルを2つ、3週間おきに注文しています。2年前に『うるのん』に変えました。その前に使用していたのは『クリティア(2016年にプレミアムウォーターへ統合)』で、初めてウォーターサーバーの購入を検討していた時に、友人の自宅にあるサーバーの水を飲んでおいしかったので決めました。自宅キッチンに浄水器も付いていますが、おいしいと思えないのでふだんの飲み水としてウォーターサーバーを重宝しています

 やはりウォーターサーバーを選ぶにあたって一番大事なのは水そのものの味。もし、周りにウォーターサーバーを持っている人がいれば、試させてもらうのも一つの手だ。では、どのような経緯で「うるのん」を選んだのか?

「前のウォーターサーバーを使用して2年が経つ頃に、イベントで声をかけられて試飲したんですけど、その時に『乗り換え特典』があるのを知って今の会社に変えたんです。あと、夫がデザインを気に入ったのも大きかったですね」

K子さん宅のウォーターサーバーはシックな黒

K子さん宅のウォーターサーバーはシックな黒

 なんとK子さんが使用しているのは黒いウォーターサーバー。確かにスタイリッシュなデザインで部屋のインテリアと馴染んで違和感なく置けそうだ。「他社からの乗り換え特典」の他にも、「友人紹介の特典」や「期間限定のプレゼント」などのキャンペーンを行っている会社もあるようなので、購入前にチェックしたい一つだ。実際に、K子さんがウォーターサーバーを使用して良かった点を聞いてみた。

「すぐお湯が出るところが便利ですね。特に子供が生まれてからはミルクを作るのにとても役立ちました。今でも、2歳の息子が一番お水を飲んでいますよ。『うるのん』は水の容器の回収などがなく、自宅でペットボトルゴミとして捨てられるのも嬉しいです。2リットルのペットボトルのミネラルウォーターだと、ゴミが頻繁に出るのが面倒だったのですが、『うるのん』だと、大きい容器を潰すことができて、一回で捨てられるのが嬉しいです」

「うるのん」では、容器を回収するのではなく、自分で捨てることができる。空の容器がかさばって、部屋のスペースを占領しないのも利点のようだ。最後に、これからウォーターサーバーの購入を検討している人へのアドバイスを聞いてみた。

子供が小さい間だけでも、非常に役立つアイテムだと思うのでオススメです。費用が一番ネックになるかと思いますが、電気代は思ったよりもかかりませんので各社よく比較して選んでみてください」

 ウォーターサーバーの費用は、宅配水代だけではなく、サーバーのレンタル代や電気代、メンテナンス料など、会社によって価格やサービスが様々なので、安さを一番に重視したい人はよく調べて、検討したほうがよいだろう。

   

 以上、実際にウォーターサーバーを使用している家庭の声をお届けした。家族構成や家の大きさなど、各家庭の好みやスタイルは違うので、料金プランや宅配のシステム、水の味などをしっかりと吟味し、K子さんやH実さんのようにウォーターサーバーライフを楽しんでみてはいかがだろうか。