人気の宅配水を徹底比較!

お気に入りのウォーターサーバーの水、「持って出かける派」の使い方って?

お気に入りのウォーターサーバーの水、「持って出かける派」の使い方って?

 ウォーターサーバーは、家庭でいつでも好きなだけ安全でおいしい水を飲めるのが魅力の1つだ。お茶やコーヒーをいれるだけでなく、ご飯を炊いたり煮物などの料理に使う人も少なくないようだ。そんなウォーターサーバー愛用者の中で、お気に入りの水を外出先にも持ち出しているという東京都内のユーザーに、普段どんな使い方をしているのか聞いてみた。

コスモウォーター

◆お茶会に

 50歳の酒井雪野さん(仮名)は、「アルピナウォーター」を、3年ほど前から愛用している。

「とても口当たりのいい水なので、お気に入りです。家にいるときは、一息ついたときに一杯飲むなど、生活サイクルの一部になっていますね。私がその水を家の外に持ち出すのは、趣味のお茶会のときです」

 酒井さんは古くからの友人が茶道の師範のため、ときどき茶会に招待されるという。その席ではお茶を出してもらうだけでなく、自分が点てることもある。このときにウォーターサーバーの水をマイボトルに入れて出かけるのだそうだ。

水道水だと、もしかしたらカルキのニオイがお茶の味を損ねてしまうかもしれません。ですから、水はいいものを使いたいと思ったんです。コンビニでミネラルウォーターを買っていくというやり方もあるのかもしれませんが、ペットボトルから茶釜に水を注ぐというのは何となく味気ない感じがしたんです」

 酒井さんとしては、和風なデザインのマイボトルのほうがスマートではないかと考えている。

茶道のお茶会ではなく、知人がちょっとしたティーパーティーを開くときも、そのボトルを持って行きます。最近、私が持ってくる水に興味を示したようで、『いつも持ってくる水は何?』と聞くので、ウォーターサーバーのことを説明してあげました。もしかしたら、近々知人もウォーターサーバーを導入するかもしれません」

 

 

いいお茶にはいい水を使いたい

いいお茶にはいい水を使いたい

◆母親の見舞いに

 55歳の北川里枝さん(仮名)は、母親のために水を入れるボトルを購入したという。

「80歳の母は体を悪くして長期間、療養施設に入っています。施設は自宅からそれほど遠くないので、週に1回は面会に訪れるようにしています。そのときに、わが家に置いてある『フレシャス』の水を持って行くことにしているんです」

 北川さんが愛用しているのは、「フレシャス」の中でも富士山麓の水を使った「フレシャス富士」。これを2リットル入りの密閉型ボトルに入れて、施設へ持って行くという。

「おそらく施設では、普通に水道水を使った飲み物や料理を出しているんだと思います。以前、新聞で水道水に含まれる塩素が体にあまりよくないという記事を読んだので、週に1度とはいえ、母に安全でしかもおいしい水を届けてあげようと考えたわけです

 水道水に含まれる塩素は、殺菌作用があり含有量自体も人体に影響がある量ではないが、化学反応によって作られるトリハロメタンという物質に、発がん性があることが科学的に判明している。北川さんは、それを心配したのだ。

「母は静岡県の出身なので、『これは富士山の水だよ』と話したら、とても喜んでいました。『フレシャス富士』は山梨県の水だそうですが、富士山には変わりありません(笑い)。母が水の味の違いをどこまで判別できるかわかりませんが、私がおいしい水を届けてくれることを楽しみにしてくれています」

 健康面に関しての実際の効果はわからないが、少なくとも母親のメンタル面にはいい影響を与えているかもしれないと、北川さんは考えているそうだ。

 

 

◆子どもと出かけるときに

 37歳の武田正彦さん(仮名)は、お子さんと出かけるときにウォーターサーバーの水を必ず持って行くという。

「うちの息子は8歳で、スポーツ好きです。近所に適当なクラブがないので、私が河川敷グラウンドなどに連れ出して、サッカーをしたり野球のバッティングをしたり、ドッジボールの練習をしたりしています。このときいつも、水分補給用に大きな水筒を2つ持って行くんです」

 武田さんは、1つの水筒には水、もう1つの水筒にはスポーツドリンクを入れていくとのこと。

子どもが安全な水をいつでも飲める環境にすることは大切

子どもが安全な水をいつでも飲める環境にすることは大切

「自宅にある『シンプルウォーター』の水を入れていきます。スポーツドリンクも粉末をウォーターサーバーの水で溶かして作っています。保温容器なので、季節によっては氷も入れるのですが、それも同じ水を製氷皿で凍らせて作ったものです」

 武田さんによると、水道水を使った氷だとどうしてもカルキ臭が抜けず、水やスポーツドリンクにも移ってしまうのだとか。

「ウォーターサーバーはもともと、子どもの健康のために使い始めたんです。それなら外出先でもフルに活用しないともったいないですから」

 

 

 * * *

 お気に入りで毎日飲んでいる水を出先でも味わいたいと考えるのは、自然のなりゆきだろう。ウォーターサーバーなら、冷水も温水もサッとボトルに詰められる。その際の注意点としては、ウォーターサーバーに使われている水は、天然水を安全に処理したものや、RO膜という高性能のフィルターでろ過したものだということ。そのため、殺菌用の塩素のような薬剤は使われていない。持ち歩くときは、しっかりと密閉し、できるだけ早く飲んでしまうことを心がけたい。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!