人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバーのおいしい水と一緒に味わいたいのは…この一品でした!

ウォーターサーバーのおいしい水と一緒に味わいたいのは…この一品でした!

 食事やおやつのときに、何らかの飲み物をお供にすることは多いだろう。和食なら緑茶だったり、パンならコーヒーや紅茶など。逆に、緑茶を飲む際にはちょっとした甘いものが欲しくなるといったこともある。そこで今回は、ウォーターサーバーのおいしい水にはどんな食べ物を合わせたくなるかを、首都圏でウォーターサーバーを使っている人を対象に聞き取り調査してみた。

コスモウォーター

◆おいしいお米を合わせたい

 日本国内のウォーターサーバーに使われている水には、一つの傾向がある。それはほとんどが「軟水」であるということ。何も入っていないように思える水でも、目に見えない成分が溶け込んでいる。中でもミネラルであるマグネシウムとカルシウムが1リットル中にどれだけ入っているかで、「軟水」と「硬水」に分類される。世界保健機関では、120ミリグラム以上を硬水としている。

 日本の水は、天然水も水道水もほとんどが軟水だ。しかも50ミリグラム以下といった「非常に柔らかい水」であることが多い。軟水の特長としてよく言われるのが「味がまろやかで、スッキリとクセがない」ということ。鉱物であるミネラルにも味があり、特にカルシウムには独特な苦みというか渋みがあることがわかっている。好みにもよるが、軟水のほうが食品や飲料の味覚の邪魔をしにくいというのが一般的な見方だ。ウォーターサーバーに使われている水も軟水が多い。硬度は高いものでも70ミリグラム程度である。

 そんなクセのないおいしい水に合わせて食べたくなるのは、どのようなものがあるだろうか?

 45歳の石川和恵さん(仮名)は、4年ほどウォーターサーバーを使い続けている。

「行きつけの美容院に置いてあったので、私も家に一台あってもいいかなと思ったんです。そこで美容院にあったのと同じ『コスモウォーター』を導入することにしました。水道水と飲み比べると、味の違いがハッキリわかりますね」

 石川さんはウォーターサーバーの水を飲むときに、よく食べるものがあるという。

「土日のお昼どきが多いんですが、自分で作ったおにぎりです。実はそのおにぎりのお米も、ウォーターサーバーの水で炊いたものなんです。休日のちょっとしたぜいたくというか、私のこだわりですね(笑い)」

 ふだんは炊飯用の水は、水道水を浄水器に通したものを使っているという石川さんだが、ときどきこうした「おいしい水づくし」の食事を楽しんでいるという。最近では炊飯だけでなく、うどんや煮込みなど「おいしい水から考えつく料理」のバリエーションを増やしているとのこと。

 

 

おいしい水と、おいしい水で炊いたお米の相性はピッタリ!?

おいしい水と、おいしい水で炊いたお米の相性はピッタリ!?

◆お好み焼きがベストマッチ

 38歳の田代美晴さん(仮名)は1年ほど前、東京都内に引っ越してきた。

「生まれたのは滋賀県で、そのあと親の都合で大阪や京都に住み、引っ越す前は三重県にいました。どの府県でも郊外に住んでいたので、いい水を飲んでいたと思います。東京の水道水を飲んで、カルキ臭にびっくりしました。そこで、ウォーターサーバーを使うことにしたんです」

 ペットボトル入りのミネラルウォーターを買うという方法もあったが、その都度買い足すのが面倒だと感じて田代さんは「アクアセレクト」を導入した。

「選んだポイントは採水地です。『アクアセレクト』は三重県の宮川流域の水を使っているので、おいしさはまず間違いないだろうと思いました。当然ですがニオイはなく、とても飲みやすい水です。私がこの水に合わせたくなるのは、お好み焼きですね」

 田代さんによると、子どものころよく通ったお好み焼き屋さんで飲んだ、冷たい水を思い出すから。冷たくておいしい水には、お好み焼きが合うという。

「条件反射みたいなものでしょうか(笑い)。いずれにしろお好み焼きは、ソースやマヨネーズなどで塩分をたくさん摂るので、喉は渇きますよね。スッキリと飲みやすいウォーターサーバーの水は、ベストマッチだと思っています

 

 

◆お茶漬けにかける

 39歳の吉本卓司さん(仮名)のお宅では、奥さんのすすめで2年前から「サントリー南アルプスの天然水サーバー」を使っている。

「私自身は、特に水へのこだわりはなかったんですが、妻にウォーターサーバーの水がいかにいいか説明されながら毎日飲んでいるうちに、だんだん違いがわかるようになってきました。わが家の水道水は、カルキ臭だけでなく味もあんまりまろやかじゃないんですよね」

 数か月前、奥さんが実家に帰省した日があった。一人で食事をすることになった吉本さんは、サッと食べられるものを考えた。

「ぼんやりとしていたらウォーターサーバーが目に入り、ふと思いついたんです。『お茶漬けを食べよう!』と。ウォーターサーバーには熱いお湯を出す機能があります。これで作ったらきっと、おいしいお茶漬けができそうだなと

 吉本さんは冷蔵庫にコンブの佃煮があることを思い出し、それをご飯にのせてお湯を注いだ。

「大成功でしたね。クセのないお湯にコンブの出汁が溶け込んで、昔食べたお茶漬けよりもおいしく感じました。水道水で作ったものと食べ比べてみてほしいですね」

 

 

お茶漬けも水の味が決め手に

お茶漬けも水の味が決め手に

 * * *

 ウォーターサーバーの水は、まろやかでクセがないため、いろいろな食品に合わせやすい。今回話してくれた人たちのように、おいしい水だからこそ合わせたい食べ物は何かを考えてみるのも楽しいかもしれない。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!