人気の宅配水を徹底比較!

ウォーターサーバー乗り替えエピソード「ここが気に入って乗り替えてみました!」

ウォーターサーバー乗り替えエピソード「ここが気に入って乗り替えてみました!」

 安全でおいしく、冷たい水を飲むにもお湯を使うにも便利なウォーターサーバー。最近では、さまざまなメーカーや機種から選べるようになってきた。水の特長やサーバーの機能、デザイン、価格など事前に十分に考慮した上で導入している人が多いと思うが、毎日使っているうちに別のウォーターサーバーを使ってみたくなることもあるようだ。しばらく使ってみた結果、乗り替えに踏み切った首都圏のユーザーに、その経緯を聞いてみた。

コスモウォーター

◆採水地で乗り替え

 38歳の島田妙子さん(仮名)は、2年ほど前にウォーターサーバーを家庭に導入した。当時、身のまわりでウォーターサーバーを使う人が増えたため、流行に乗るような形で契約したのだとか。

「水そのものもおいしいですし、お湯や冷水が手軽に使えるため重宝していました。特に不満はなかったんですが、この2年の間にいろいろなウォーターサーバーに触れる機会がありました。知人の家だったり、ショッピングモールでの実演だったり、美容院などにも置いてあったりしましたから」

 その中で島田さんが気になってきたのが「水の産地」だという。ウォーターサーバーに使われている水の多くは、良質の天然の水を精製したものだ。ユーザーの中には、水の産地を選択の決め手とする人もいる。

ウォーターサーバーの採水地としてよくあるのが富士山系と長野県ですが、私は九州の水に気持ちが動きました。熊本県は水がとてもいい地域だと聞いたことが、大きな理由です。そこで、阿蘇の水を扱っている『プレミアムウォーター』に乗り替えることにしました」

「プレミアムウォーター」の場合、水の産地は全国に2か所ある。そのうち富士山麓の富士吉田と、阿蘇山をいただく南阿蘇の水から好きなほうを選ぶことができる。途中で変更することも可能だ。

「そう思い始めると居ても立ってもいられなくなり、それまで使っていたサーバーを解約して『プレミアムウォーター』を導入しました。以前の水とどちらがおいしいかと聞かれると、どちらもおいしいとしか答えようがないのですが…(笑い)、今は気になっていた水を飲むことができて満足しています。」

 

 

「水の産地」もウォーターサーバー選びの決め手となることがある

「水の産地」もウォーターサーバー選びの決め手となることがある

◆足元収納タイプに乗り替え

 60歳の寺内重雄さん(仮名)は、4年ほど前からウォーターサーバーを愛用してきた。

「友人の家で見て便利そうだなと思ったので、我が家にも設置したんです。妻も喜んでいました。冷水やお湯がサッと出せるのが、こんなに日常の負担を減らすものかと二人で驚いたことを覚えています」

 水がおいしいので、毎日飽きることなく水を飲んできた寺内さんご夫婦だが、半年ほど前から水の交換が億劫になってきたという。

「私も妻も年を取ってきたせいか、水のボトルを上に載せるのがつらくなってきました。交換の際は一度、腰の上くらいの高さの台に乗せてから、サーバー本体の上に取り付けるほどでした。ウォーターサーバーを使っている知人にそのことを相談したら、ボトルを足元に収納できるタイプがあることを教えてもらいました」

 寺内さんが教えてもらったのは「コスモウォーター」だった。本体の下部を開くと交換ボトルを収納できる設計だ。

「このほうが我が家のような世帯には向いていると感じました。そこで、長年使ってきたウォーターサーバーから、『コスモウォーター』に乗り替えたんです。以前はボトル交換は私の仕事だったんですが、持ち上げなくてもいいので、今は妻がボトルを換えることもあります

 

 

中高年世帯ではボトル交換が楽なサーバーのほうがいい?

中高年世帯ではボトル交換が楽なサーバーのほうがいい?

◆水素水が作れるタイプに乗り替え

 滝川千恵美さん(仮名)は32歳。健康的な食生活を送りたいと考え、2年半ほど前にウォーターサーバーを置くことにした。

「スポーツジムに行ったりヨガをやっているので、水はよく飲むんです。でも本当に健康を考えるなら、水もクリーンで安全なものに変えたほうがいいと、ウォーターサーバーを使うことにしたんです。いずれ子どもを産むときに、できるだけ体内に有害なものが蓄積していないほうがいいという考えもありました」

 食材もなるべく添加物の少ないものを選ぶほど、気をつかったという滝川さん。ウォーターサーバーの水は、そのまま飲むだけでなく料理にも積極的に使った。

「今年になって、ネットのウォーターサーバーの広告を何気なく見ていたら水素水が作れるサーバーがあることを知りました。水素水は、缶入りになっているものや、水の中に入れると水素水ができあがるグッズなどもありましたが、もしウォーターサーバーからダイレクトに水素水が出てくるなら、そのほうがいいと思ったんです」

 滝川さんが見つけたのは「アルピナ」の水素水サーバーだ。通常型のウォーターサーバーの横に水素水生成ユニットが付属しており、水がその中を循環すると水素水となって出てくるというメカニズムだ。

濃度の高い水素水をいつでもふんだんに使えるのは魅力でした。『アルピナ』で扱っている水も天然水をさらにろ過したクリーンな水だったので、私の健康生活に向いていると感じ、乗り替えに踏み切りました」

 

 

 * * *

 現在市場に出ているウォーターサーバーは、いずれも機能的に優れ安全性が高く、水もクリーンでおいしいため、どれを選んでも満足が得られるだろう。しかし使っているうちに、使い勝手がより自分のライフスタイルに合っているものがあれば、乗り替えを検討してみてはどうだろうか。

 

 

当サイトオススメNo.1のプレミアムウォーター!