ウォーターサーバー比較ランキング

人気の宅配水を徹底比較!

松本潤、長澤、桐谷も実践!? ただ飲むだけの「白湯健康法」


松本潤、長澤、桐谷も実践!? ただ飲むだけの「白湯健康法」

 人間が毎日、どんな形であれ、必ず摂取するのが水。だからこそ、水に関する様々な健康法が存在している。たとえば、寝起きに毎朝、一杯の水を飲む…というのもよく耳にする方法だが、ここ数年、有名人を始め多くの人が実践していると言われているのが「白湯健康法」だ。

 「白湯」、つまりお湯を飲むだけで体調が改善されるというのが、「白湯健康法」。過去には、嵐の松本潤、長澤まさみ、桐谷美玲、米倉涼子、小嶋陽菜、ベッキー、檀れい…などといった有名芸能人たちが、「白湯健康法」を実践しているとメディアで明かしている。

 インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」の考えに基づいているという、この白湯健康法。アーユルヴェーダでは、「水」「火」「風」の3要素で自然界が成り立っていると考えられているが、白湯にはその3要素が含まれているというのだ。つまり、「水」を「火」にかけて沸騰させ、気泡を出すことで「風」の要素が加えられたものが白湯。その白湯を体内に摂取することで3要素のバランスが整えられるというのが、アーユルヴェーダに基づく白湯健康法の基本なのだ。

「白湯健康法」を始めるには?

 では、「白湯健康法」とは具体的に、どんなことをすればいいのだろうか。実践する人によっていろいろ違いはあるだろうが、基本的には白湯を適量1日数回飲むというだけである。

 とはいっても、普通に沸かしたお湯を飲めばいいというわけでなく、やかんを使ってお湯を沸かし、それをぬるま湯程度に冷ましてから飲んだほうがより効果的なのだという。たしかに、アーユルヴェーダの考えに忠実であるならば、しっかり「火」の要素を加えることが重要だろう。そういう意味では、電子ポットや電子レンジで沸かすよりも、やかんに入れて火をかけたほうが、その効果がより発揮されるということなのかもしれない。

 そして白湯の具体的な飲み方だが、もっとも一般的なのは、朝起きてから朝食をとる前にマグカップ一杯程度の白湯を飲み、さらに、朝昼夕の食事時にも同量の白湯を飲むという方法。1日で合計800ミリリットルから1リットル程度を摂取するのが目安だという。

「白湯健康法」を実践しているとう米倉涼子

※画像:「白湯健康法」を実践しているとう米倉涼子

 ただ、実際にはいろいろな飲み方をする人もいて、常に白湯を保温ポットに入れて、日常的な水分補給用に摂取するというケースもあるとのこと。ちなみに、米倉涼子はお酒を飲む際、白湯をチェイサーとして飲んでいたことがあるという。「こうでなくちゃいけない」という方法があるわけではなく、自分にあった形で白湯健康法を実践する人が多いようだが、飲み過ぎは逆効果になることもあるようで、あくまで800mlから1リットル程度という1日の摂取量は守ったほうがいいだろう。

「白湯健康法」の効果とは

「白湯健康法」の効果とは

 さて、そんな白湯健康法だが、一体にどんな効果があるのだろうか? よく言われているのが、体温を高めるという効果だ。適度な温かさの白湯を体内に入れることで内臓が温まり、代謝がアップ。同時に血行が良くなり、便通も促進されるという。そして代謝が良くなれば、ダイエット効果も見込める。体温を高めるので冷え性の解消にもなるし、結果的には肩こり解消にもつながりそう──と、とにかく複合的に様々な効果をもたらし、トータルで健康体に近づくというわけだ。まさにいいことづくしの健康法と言えそうだ。

 また、習慣的に白湯を飲むことで、生活のサイクルが改善されるという効果もある。たしかに、毎朝の白湯を飲むために多少は早起きをすることになるだろうし、三食をしっかり摂ることにもつながるだろう。食生活そのものの改善にもなるわけだ。

 さらに、日常的な水分補給を確保するという意味でも大きいだろう。もちろん過剰な摂取は避けなければならないが、健康に生活するために必要な水分を白湯で摂取すれば、熱中症や脱水症状などは回避できるはずだ。

 ナインティナインの岡村隆史は、ラジオの生放送中、トークがエキサイトしすぎた時にスタッフに向かって「白湯をもってきて!」と指示することもあるという。たしかに温かい白湯を飲めば、なんとなくホッとするだろう。どうやら、気分を落ちつかせるために白湯を飲むというパターンもあるようだ。肉体的な健康だけでなく、精神的な健康にも効果があるのだ。

白湯作りにオススメのお水は?

白湯を作る際のオススメのお水は?

 白湯を作る際に使う水は、諸説あるが、水道水でもミネラルウォーターでも、どちらでも問題ないとのこと。好みの味があれば、好きな水を使っていいという。ちなみに、なんとなくおいしくないというイメージがある水道水だが、沸騰した後、冷ますために時間をおくことで消毒用のカルキが抜けて、意外と飲みやすくなるようだ。

 また、家庭にウォーターサーバーがあれば、いつも飲んでいるお気に入りのご指定の水を、さらに違ったテイストで味わうこともできるはずだ。

 難しい手間もなく、それほど費用もかからず、様々な効果が見込めそうな白湯健康法。日常的に実践できる健康法としては、かなりハードルも低そう。軽い気持ちで試してみるのもいいかもしれない。